妻との離婚回避のための手紙の書き方〜離婚回避には言葉よりも文章が刺さる!

妻との離婚を絶対に回避したいと強く願うあなた。

幾度と話し合いを重ねてみても妻の心が動かないと感じているのであれば、今までと違うアプローチで離婚回避を目指すべき。

 

過去の偉人もこう言っています。

「同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。」

 

あなたが絶対に妻と離婚したくないのであれば、あらゆる離婚回避のための行動を取るべきなのです。

それこそ、世の中に出回っている離婚回避のための書籍・ノウハウ全てをチェックするくらいの熱量を持って行動しないいけません。

→妻に許してもらい離婚を回避する方法はコチラ

 

ここでは妻と離婚回避するための方法として、妻への「手紙の書き方」にフォーカスしてお伝えしていきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

利根カイヒ
あきらめたら夫婦関係終了です。絶対に離婚したくないのであれば、あらゆる方法を試してみるべき。

→いますぐに妻との離婚を回避する方法を知りたい方はコチラ

 

絶対に離婚を回避したいあなたへ「妻との離婚回避のための手紙の書き方」

自分の想いを言葉で全て伝えるということは難しいものですが、文章が形として残る手紙だとそれが可能になります。

離婚回避のための効果的な手紙の書き方を見ていきましょう。

1.丁寧な言葉遣い・丁寧な文字を意識して想いを伝える

言葉でのやり取りと違って、手紙は相手に読んでもらって初めて想いが届くもの。

それは即ち、相手に「読む」という行為を強いるということで、あなたがどれほど想いを込めた手紙を書こうが、妻が読んでくれなくては意味がないのです。

 

したがって、丁寧な言葉遣いで、丁寧な文字を意識して手紙を書きましょう。

いつもの話し言葉のような軽い感じや、乱暴な感じだと手紙を読むのを途中で止められてしまいます。同じように、雑な乱暴な文字で書かれた手紙も読まれません。

 

字がもともと下手でも、丁寧に書かれたものであればそれは相手に伝わります。手紙を書くときはあくまでも相手を意識して丁寧に書き上げましょう。

 

2.まずは心から謝罪する

手紙の内容でまず書かなければならないのが、心からの「謝罪」です。

あなたの至らなかった部分、妻に辛い思いをさせたこと、こうやって夫婦関係がこじれてしまったこと、などをあなたの言葉で心からの「謝罪」をしてください。

 

離婚へ気持ちが傾いている妻にいきなり「離婚したくない」では手紙を途中で読むのを止めてしまいます。

手紙をしっかり読んでもらい、あなたの想いをしっかり伝えるためには、まずはあなたが歩み寄り、折れること。そのために最初に心からの「謝罪」が必要なのです。

 

3.相手の気持ちを代弁〜いかに相手を理解しているか

相手の離婚へと傾いている気持ちを取り戻すためには、いかに相手を理解しているか、妻がどうして離婚したいのかをあなたが理解しているかにかかっています。

「君は〇〇な理由で離婚したいはず、君の離婚したいという気持ちはよくわかる」と相手の気持ちを代弁することによって、相手にしてみれば「この人は私のことをわかってくれているんだ」と心を開いてくれるようになり、あなたの想いを受け入れやすくなるのです。

 

4.離婚したくないではなく、いかに相手のことが大切かを伝える

離婚したい人に「離婚したくない」と伝えるだけでは、逆に相手の態度をより頑なにさせてしまう恐れがあります。

あなたが必死で「離婚したくない」「別れたくない」と伝えれば伝えるほど、妻の「離婚したい」という想いが強くなっていく可能性があるということです。

 

女性は自分が大切にされていないと感じた時に、初めて離婚を考えるようになるもの。

したがってあなたがすべきは、「離婚したくない」ということを何度も述べるのではなく、いかに妻のことが大事で大切かを伝えることです。

 

そのためには「感謝」の言葉を書き連ねましょう。

日頃の些細なことから、出会って付き合い結婚に至るまでのこと、子育てのことなど、とにかくありとあらゆる妻に対する感謝の気持ちを伝えること。

 

あなたの妻が「この人はこんなに私のことを大切に想っていてくれていたんだ」という風に感じてもらうことができれば、離婚回避に向けて大きく進むことができるのです。

 

5.今後の改善策と得られる明るい未来を提示

夫婦関係が悪化したのには必ず原因があり、そこの問題点を改善しないことには離婚を回避することはできません。

つまり、あなたの想いを妻の心に訴えかけるだけではなく、具体的な問題の改善策を示すことも必要になってくるのです。

  • あなたの親との同居が問題なら、同居を解消する
  • あなたの残業・休日出勤を厭わない働き方が問題なら、それらを改めるもしくは職を変える
  • あなたの子育てに対する姿勢が問題なら、積極的に子育てに参加するようにする

 

親との同居が解消されれば二人の時間が増えるでしょう、働き方を改善すれば定期的に旅行に行けたりするかもしれません、子育てに協力すれば妻の負担は軽減されるでしょう。

問題を改善することによって得られる、今までと違う素敵な未来を見せてあげることができれば、必ず妻の心に響くはずです。

 

6.返事を求めない

手紙に対する返事を相手に求めてはいけません。

相手に手紙をしっかり最後まで読んでもらい、あなたの想いが相手に伝わることが手紙を書く最大にして最終の目的。

 

「読んだら必ず返事をください」のような文句は相手にとっては大きな負担になり、せっかくの想いの詰まった内容だとしても、その内容が薄れてしまいます。

「読んでくれるだけでいいです。返事は特にいりません。」という風に相手に多くを求めすぎなければ、相手は読むことに集中でき、時間が経ってからまた再び手紙を読み直すということも起こるのです。

 

あくまでも相手には手紙を読んでもらうことに集中してもらいましょう。

 

→手紙の例文はこちらが参考になります

 

まとめ

「妻との離婚回避のための手紙の書き方」をまとめます。

  1. 丁寧な言葉遣い・丁寧な文字を意識して想いを伝える
  2. まずは心から謝罪する
  3. 相手の気持ちを代弁〜いかに相手を理解しているか
  4. 離婚したくないではなく、いかに相手のことが大切かを伝える
  5. 今後の改善策と得られる明るい未来を提示
  6. 返事を求めない

 

男性の方は手紙なんか書いたことは数えるほどしかないかもしれません。

しかし、やったことがないからと言ってチャレンジしないような姿勢では離婚を回避することはできません。

 

あなたに出来ることはまだまだたくさんあります。あなたが本気で妻との離婚を回避したいのなら、あらゆる方法にチャレンジすべきなのです。

 

利根カイヒ
今までのあなたのままでは離婚は回避できないでしょうあなたが変わることによって妻が変わり、夫婦関係が変わるのです。絶対に離婚を回避してください。

→自分を変えて離婚を回避したい方はコチラ

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です