「絶対に離婚したくない場合の奥の手7選」〜嫁との離婚を回避するために!

絶対に離婚したくないんだ。やっぱり嫁のことが好きだし愛している。

でもどうすればいいんだろう…

 

あなたの不安や焦りはとてもよく分かります。なぜなら昔の僕がそうだったから。

僕は一度結婚を失敗し、再婚して今に至るという過去があります。

 

離婚したのは若気の至りというか、仕事や自分の趣味を優先したい僕と、子育てや家庭が生活の中心だった嫁が最後まで分かり合えなかったから。

当時は結構つらかったです。何だかんだ嫁のことが大好きだったので。

まぁそんな経験をして、少しは自分なりに学んだので、今の嫁との間に訪れた結構な深刻度の離婚の危機は乗り越えられたんですが、僕の話はこのくらいにしておきます。

 

とにかく、嫁と話そうにも向こうの意思が固く話し合いにならなかったり、どんな言葉を掛けようが全く響かないとしたら、それはかなりヤバいです。

あなたがもし、何とかなる、時間が解決してくれるというような甘い考えを持っているなら、離婚は避けられません。

 

絶対に離婚したくないのであれば、自ら進んで行動し、嫁の心をあなたが変えるしかないのです。

 

利根カイヒ
離婚を回避したいのなら受け身ではダメ。今すぐ行動を始めるべきです。

 

嫁と離婚したくないあなたへ「絶対に離婚したくない場合の奥の手7選」

 

1.離婚届不受理申出の提出

離婚届不受理申出とは簡単に言うと、一度は離婚届への署名捺印をしたが、気が変わって離婚する意思がなくなったので、離婚届が役所に提出されても受理しないでくださいというお願いの書類。

つまり、嫁が暴走して、勝手に離婚届を出した場合の対抗処置です。

 

たとえ勝手に提出された離婚届だからといって役所の方で一度受理されてしまうと、これを無効とするのは簡単ではなく裁判所の手続きが必要で、多くの手間や時間、多額の費用を要し、離婚せざる得ない状況に追い込まれます。

話し合いがうまくいかず感情的になった女性はどんな行動を起こしてもおかしくはありませんので、念のため提出しておくことをお勧めします。

 

2.周りにどれだけ迷惑がかるか説明する

離婚というのは当事者同士の問題だでなく、少なからず周りにも迷惑をかけるものです。

子供達、親、共通の友人、仲人をしてくれた恩師、仕事関係、結婚式に参加してくれた人達…あなた方夫婦が離婚となると周りの人達にも少なからず影響を及ぼすということ。

 

夫婦二人での話し合いでは、感情的になって周りが見えなくなりがちですが、そういったことを嫁に気づかせてあげることが、離婚を考え直すきっかけになるのです。

 

3.絆を再確認する

夫婦二人で結婚式や昔付き合っていた頃の写真を見返してみたり、昔の思い出を語ることは夫婦関係修復のきっかけになります。

単に昔の楽しかったことを思い出すだけではなく、辛かったこと、悲しかったこと、嬉しかったこと、色々な出来事を乗り越えてきた二人の歴史を語ることによって、夫婦の絆というものを再確認させるのです。

 

離婚をするのは簡単なこと、離婚届を役所に提出すればそれで終わり。

でもそんなに簡単に終わってしまうような二人の絆ではないということを再確認してもらえれば、離婚という方向には進まないのです。

 

4.許してもらう

あなたは気づいていなかった、あるいはわかっていたのかもしれませんが、あなたの嫁は苦しんでいたのです。

あなたの嫁は昨日や今日に離婚を考え始めたわけではありません。

 

長い間、あなたへの不満、夫婦生活を送る上での不満を我慢し、悩み、葛藤し、考え抜いて出そうとしている答えが、あなたとの離婚ということ。

そこに対して、離婚したくないというあなたの想いが伝わらないのは当然。

 

嫁はあなたを許していないのです。積もり積もった不満があなたを許していないのです。

したがってあなたが離婚を回避したいのなら、まずは嫁に許してもらわなくはいけないということ。

 

ではそのためにはどうするべきか?それはこちらからご覧になってみてください。

→妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

5.子供ことを話す

夫婦が離婚して一番影響を受けると言っていいのが子供達です。

両親と一緒に暮らせない生活を、授業参観や運動会に両親が揃わないことを、両親の身勝手で寂しい思いをすることを子供達はどう感じるのか夫婦で話し合ってみてください。

 

子は鎹(かすがい)と言いますが、親として子供の幸せを考えた時、離婚は間違っているという結論に達する可能性が高くなるのです。

 

6.お金の話をする

女性が離婚を思いとどまる大きな理由のひとつに、経済的な理由があげられます。

最近ではシングルマザーという言葉をよく聞くようになりましたが、同時にシングルマザーの貧困というのも大きな社会問題になっており、女性が子育てをしながら社会に出るというのは相当厳しいと言えるでしょう。

 

そういった、離婚の先にある経済的負担というものはなかなか気づきにくいもの。

したがってあなたは嫁に対し、今がいかに恵まれているか、離婚後には想像以上にお金がかかるということを気づかせてあげれば、それは大きな離婚を考え直すきっかけになるのです。

 

7.離婚を回避できた事例から学ぶ

女性の口説き方を知りたければ実際にナンパが上手い人に聞くのが一番で、夫婦円満の秘訣が知りたければ実際に夫婦関係が上手くいっている人に聞くのが一番です。

そしてそれは離婚回避も同じ、離婚回避の秘訣を聞くなら実際に離婚を回避出来た人、または離婚回避の事例を数多く見てきた人に聞くのが一番だと言えます。

 

間違ってもバツイチで独身の会社の上司に離婚回避のアドバイスを求めてはいけません。

なぜならその方は離婚回避の方法を知らないはずだから。

 

本当の離婚回避の方法を知りたかったら、参考にするのはこういった人です。

プロ心理カウンセラーが教える離婚を回避する方法とは

 

まとめ

嫁に離婚を考えさせてしまったのはいわば過去のことで、過去というのは変えられません。

しかし、未来は変えられます。

 

まさに今、この瞬間からのあなたの行動次第で離婚回避というあなたの望む未来は手に入れられるのです。

もし、あなたがこのまま今までと同じ行動を取るなら、離婚は避けられないでしょう。

 

あなたはが絶対に離婚したくないのであれば、今までの自分を変え、行動を始めるべきなのです。

離婚回避に向けてやるべきこと

 

利根カイヒ
夫婦関係修復には時間がかかるかもしれません。しかし絶対にあきらめないこと。あきらめたらそこで夫婦関係終了なのです。

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です