絶対に離婚回避したいあなたへ〜妻への謝罪の手紙の書き方を例文付きでご紹介

絶対に離婚したくない、絶対に妻と別れたくない、もう一度やり直したいが妻の気持ちはなかなか変わらない…

あなたは離婚の危機を回避しようと、幾度となく話し合いを重ねてきたはず。

 

それでも妻の気持ちが変わらないのは、何もあなたが話し下手だからではありません。タイミングの問題です。

女性が別れを決断した時というのは、もはや別れることしか頭にないもの。

 

残念ながら今現在のあなたの妻の気持ちの大半を占めているのは「離婚する」ことなのです。

そんな相手に「離婚したくない」「別れたくない」と言うだけでは、相手は逃げていくか離婚したいという思いをよりいっそう強くしてしまうだけ。

 

ではどうすれば良いのかと言うと、この最悪なタイミングで妻の気持ちを取り戻すために効果を発揮してくれるのが「手紙」なのです。

受け取った手紙をそのまま読まずに捨ててしまう人はいないでしょう。つまり、読んでくれると言うことは、離婚したいという気持ちを少なからず「あなた」へと向けることが出来るということ。

 

「手紙」は必ずや離婚回避の切り札になってくれるはず。今すぐ筆を取り、あなたの想いを込めた手紙を書くべきです。

 

利根カイヒ
手紙なんか書いたことは数えるほどしかないかもしれません。しかし、やった事がないからといってチャレンジしないのは非常にもったいないです。

 

絶対に離婚を回避したいあなたが知るべき「妻への謝罪の手紙の書き方」とは?

手紙を書くメリット

手紙を書くことの最大のメリットが、顔を合わさずに想いを伝えられることです。

面と向かっての話し合いでは、言い合いになってしまったり、喧嘩に発展してしまってあなたの想いの全てを伝えることは難しいはず。

 

しかし手紙であればあなたの想いの全てを文字に文章に落とし込むことができます。

また手紙は形として残るので、一回読んだだけでは刺さらなかったことでも、時間を置いて二回、三回と読んでいくうちにあなたの想いが届くということがあり得るのです。

 

夫婦関係が悪化している今、話し合いを幾度と重ねるよりも、あなたの想いを込めた手紙を一通書くことを最優先しましょう。

 

手紙の書き方

1.「離婚したくない」より先に謝罪

あなたが目指すのは妻との離婚を回避することですが、手紙を書く上で「離婚したくない」「別れたくない」ということよりもまず最初に書かなければいけないのが「謝罪」の言葉。

あなたが思う自分の至らなかった点、妻にかけたであろう迷惑の数々、何よりもこうして夫婦関係が悪化してしまっていること、手紙の最初は謝ることから始めましょう。

 

離婚したいと思っている相手に対しのっけから「俺は離婚したくないです」では読む気を無くし、逆に反発の感情を招き「離婚したい」という思いを強くする恐れがあります。

まずはあなたが歩み寄るという意味でも、「ごめんなさい」と謝り、許してもらうことから始めるべきです。

 

2.「離婚したくない」よりもいかに相手のことが大事かを伝える

人は自分が大事にされていないと感じると疎外感や孤独感を覚え、寂しく不安になり、幸せとは程遠い精神状態になってしまいます。

あなたは妻があなたのためにしてくれていることにしっかり感謝の気持ちを伝えていたでしょうか?

 

ご飯を作ってくれる、家の中をいつも綺麗にしてくれる、子供の行事に積極的に参加してくれる…などはやって当たり前のことではないです。

それをやって当たり前のような態度で「ありがとう」の一言もなければ、妻の方では自分が必要とされいないと感じ、離婚を考えてもおかしくはないのです。

 

したがって、あなたは「離婚したくない」と伝えるよりも先に、いかに相手のことが大事で大切であるかを手紙に綴るべき。

妻があなたのためにしてくれていたことを思い起こし、感謝の言葉を綴り、いかに妻のことを大事に想っているのかを伝えましょう。

 

あなたの妻を大切に想う気持ちが伝わるということ=離婚したくないということが伝わるということです。

 

3.具体的な改善策を示し、理想の二人の未来を提示する

新婚の頃というのはお互いの理想の夫婦像・家庭像というものが共有できていたはずですが、それがいつしかすれ違い、お互いが別々の方向を向いて歩こうとしているのが現状だと思います。

この現状を打破するためには、あなたが再び理想の夫婦像、理想の二人の在り方を提示しなればいけないわけですが、それには現在の問題に対する具体的な改善策を示すことが必要。

  • あなたの両親と妻の折り合いが悪いのであれば、両親との同居をやめる。
  • 妻があなたの休み無く働く仕事ぶりが不満だったとしたら、仕事を減らすか仕事を変える。
  • 妻があなたの子育てに無関心なのが不満だったとしたら、積極的に子育てに参加するようにする。

 

問題の改善策を具体的に提示し、お互いの理想を共有することができれば、また再び夫婦として共に歩んでいけるのです。

 

4.少し時間をおいてから読み直す

大事な手紙であればあるほど、気持ちが先走りし空回りしてしまうということが起きてしまいます。

これは、好きな女性に対し深夜の変なテンションで送ったメールが翌日冷静に見てみると、ものすごく恥ずかしいことを言っていたというアノ感覚に似ているかと思います。

 

したがって、書き上げた手紙は必ず時間をおいて読み直すようにしてください。

間違っても一気に書き上げそのまま渡すということはしないように。少なくとも一日〜二日は寝かせた方が後から冷静に見直すことができます。

 

→手紙の例文はコチラが参考になります

 

まとめ

あなたが離婚を絶対に回避するためには手紙が効果的です。

そのための手紙との書き方として、まずは謝罪、それから妻のことが大事だということを感謝の言葉と共に伝える。そして最後に問題の改善策と理想の未来を提示し、書き上げた手紙は必ず読み直すこと。

 

あなたが本気で離婚を回避したいなら、なり振り構ってはいられません。

後悔しないためにも、出来ること全てをやり切るべきです

 

→妻に許してもらい離婚を回避する方法はコチラ

 

利根カイヒ
離婚回避のためにはちっぽけなプライドなんて捨ててしまいましょう。あなたが変わることができれば妻も変わり、離婚を回避できます。

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です