離婚回避へ心に響く言葉とは?妻に離婚を考え直させる魔法の言葉9選

あなたの妻は日頃あなたと暮らす中で、あなたの言葉や行動、考え方に反応して生活しています。

特に普段何気なく使っている言葉というのは実はものすごく大事。

 

夫婦関係が悪化し離婚問題まで発展してしまっているのは使っている言葉が原因かもしれません。

「はっ?バカじゃないの」「誰のおかげで飯が食えているんだ」「ウザい」「浮気しているんじゃないのか?」「デブ、ブス」…無意識のうちにこのような言葉を発したりしてませんか?

 

あなたが発している言葉はそのままあなたに返ってきます。

あなたの妻が離婚したいと言うなら、あなたの妻が離婚したくなるような言葉を普段からあなたが発しているということ。

 

もちろん言葉だけではなく、あなたの行動や考え方に原因があるのかもしれませんが、妻との離婚を回避したいのならまずは使う言葉を変えなくてはいけません。

発する言葉が変われば、脳が反応して行動や考え方も変わってきます。つまり、離婚を回避するきっけになるのです。

 

利根カイヒ
本人は気づかず、無意識のうちにモラハラ寸前のことを言ってしまっている場合があります。改めて自分の使う言葉というものに注意を払ってみましょう。

 

→どうしても離婚を回避できない場合はこちらをクリック

 

妻との離婚を回避したいあなたへ「妻に離婚を考え直させる魔法の言葉9選」

やり直したい

ストレートに自分の想いを伝えることは意外と難しいもの、特に男性は変にプライドが邪魔をして素直な自分の気持ちを伝えるのが難しくなりがち。

しかし、それではいけません。時には直球勝負、想いをストレートに伝えなくてはいけないのです。

 

あなたの素直な気持ち、「離婚したくない」「別れたくない」「やり直したい」ということをきちっと伝えましょう。

 

参考:離婚寸前で離婚回避に成功した男のブログ〜妻と離婚しないで済む方法を伝授します!

 

少し時間が欲しい

押してダメなら引いてみろではないですが、「絶対に離婚したくない」と押すばかりではなく、時には一歩下がることも大事。

夫婦関係が上手くいかない時は、「少し時間が欲しい」と距離を置くことを提案し、冷却期間を設けましょう。

 

寝室を別々にして寝る、2〜3日実家に返ってみるなど、お互いに距離を置き、冷静になるための期間を作るのです。

参考:嫁に離婚を思いとどまらせる切り札とは?離婚話からの復縁は可能です!

 

自分が悪い

夫婦関係が悪化した原因を相手にばかり見出していてはダメ、あなたにも必ず非はあるのです。

それを素直に認め、「自分が悪かった、すまない」と認めましょう。

 

納得がいかないことも多々あるかと思いますが、まずはあなたから歩み寄る姿勢を見せることが大事なのです。

妻に許してもらい離婚を回避する方法はコチラ

 

僕がやるよ

普段から家事や育児を妻に任せっきりだとしたら、その妻のストレスは相当なもの。

時には「僕がやるよ、今日は君はゆっくりしていて」と家事や育児をあなたが負担し、妻の日頃の労をねぎらってあげましょう。

 

家事や育児は想像以上に重労働、それをあなたが理解し、手を差し伸べることで夫婦関係が良い方向に向かっていくのです。

参考:嫁が離婚を考え直す瞬間とは?離婚したくないなら「きっかけ」を作ればイイんです

 

ありがとう、感謝しています

夫婦が何年も一緒に暮らしていると、お互いに感謝の気持ちが薄れ、何事もやって当たり前という感じになってしまいがち。

しかし、あなたの妻が日頃してくれていること、毎日朝食を用意してくれる、洗濯をまめにしてくれる、家の中をいつも綺麗にしてくれる、等は決してやって当たり前のことではないです。

 

しっかり「ありがとう、いつも感謝しているよ」と言葉で伝えましょう。

ありがとうは魔法の言葉ではないですが、感謝の気持ちを常に伝えることが夫婦関係を良好に保つための秘訣なのです。

 

うれしい、たのしい、大好き

ドリカムが理想の彼に出会った女性の気持ちを唄った歌ではないですが、夫婦になる前、付き合っていた頃にはこういった感情表現は常にしていたはず。

「あなたと出会えてうれしい」「あなたと一緒でたのしい」「あなたが大好きだ」。

 

夫婦になって何年か経過しているとしても、時にはこういったストレートな感情表現が、お互いの気持ちを確かめ合うのに必要なのです。

参考:「絶対に離婚したくない場合の奥の手7選」〜嫁との離婚を回避するために!

 

子供のためを思って

子はかすがいと言いますが、女性が離婚を躊躇う理由のひとつに子供のことがあげられます。

「子供のためを思って、子供の幸せを思ってじっくり話し合おう」とあなたが提案することによって、妻の離婚へと傾いていた気持ちが、「離婚をすることによって片親になった子供は果たして幸せだろうか?」と変わってくるのです。

 

未来の話をしよう

女性が離婚を考える時に、一番不安になってくるのが将来の生活のこと、主に経済的なことです。

したがってもしあなたが離婚を切り出されていたとしたら、「未来の話をしよう、将来の生活を見据えた話し合いをしよう」と提案し、あなたの妻に将来の生活に対する不安を抱かせることができれば、妻の気持ちは離婚しない方向に大きく傾いていくのです。

 

参考:妻と離婚したくないあなたの3つの行動で離婚調停が無意味なものになる!

 

あなたと一緒なら幸せ

結婚式の誓いではないですが、夫婦関係が悪化している今だからこそもう一度これからのあなたの人生において、あなたの妻が絶対に必要なんだということを伝えましょう。

「この先、すれ違いもあるだろうし、ケンカもするだろう、子供達も大きくなってそのうち家を出ていくだろうし、お互い歳を取りおじいちゃん・おばあちゃんになっていき、もしかしたら孫もできるかもしれない、色々なことが起こるだろうけど、あなたと一緒なら幸せです。

 

最後はあなたの想いの強さにかかっています。

どれだけ家族のことを想っているのか、どれだけ妻のことを想っているのか、あなたの想いを言葉で、もしくは文章でしっかり伝えましょう。

 

参考:絶対に離婚回避したいあなたへ〜妻への謝罪の手紙の書き方を例文付きでご紹介

 

まとめ

妻に離婚を考え直させる魔法の言葉9選をまとめます。

  1. やり直したい
  2. 少し時間が欲しい
  3. 自分が悪い
  4. 僕がやるよ
  5. ありがとう、感謝しています
  6. うれしい、たのしい、大好き
  7. 子供のためを思って
  8. 未来の話をしよう
  9. あなたと一緒なら幸せ

言葉には魂が宿ると言いますが、使う言葉ひとつで人間関係が変わってきます。

離婚を回避したいのなら、まずは使う言葉を選ぶことからはじめましょう。

 

利根カイヒ
言葉が変われば行動が変わり、習慣が変わります。習慣が変われば性格が変わり運命が変わるのです。

 

どうしても離婚を回避できない時はコチラ↓

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉

ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です