嫁と離婚寸前!絶対に離婚を回避するための条件と行動とは?

嫁と離婚寸前でどうしたら良いか分からないというあなた。

もし、あなた達が付き合っている状態の彼氏・彼女の関係であるならば、もはや別れが確実なのかもしれません。

 

しかしながら、あなた達は婚姻届を提出した、法律で認められた夫婦であるはず。

そうであるなら、どちらかが離婚したいからといって、一方的に離婚されるということはありません。

 

今現在、嫁が口も聞きてくれない状態だとしても必ず突破口はあります。

離婚を回避できるかどうかはこれからのあなたの行動次第、のんびりしている暇はありません。早速、絶対に離婚を回避するための条件と行動について見ていきましょう。

 

利根カイヒ
夫婦関係が修復出来ないとあきらめてはいけません。必ず突破口はあるのです。

突破口が見つからないときはこちらをクリック

 

離婚を回避するための条件とは

まず初めに、離婚を回避するための条件として、あなたが民法に定められている以下の離婚事由に当てはまる行為をしていないことがあげられます。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 強度の精神病を患らい回復の見込みがない
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

 

わかりにくい「悪意の遺棄」と「その他婚姻を継続し難い重大な事由」だけ補足します。

悪意の遺棄とは「専業主婦や病気の妻に生活費を渡さない」「理由なく別居している」「家出を繰り返す」「共働きなのに家事を一切行わない」「妻を家から締め出す」などの行為のこと。

 

その他婚姻を継続し難い重大な事由というのは「ドメスティック・バイオレンス(DV)やモラルハラスメント(モラハラ)」「性嗜好の不一致」「アルコール中毒や薬物依存」「過度な宗教活動」「犯罪を行い服役」「ギャンブルや買い物など、過度な浪費」「あなたの親族が妻を虐待しているのを見過ごしている・助長させている」などのことです。

これらの法定離婚事由に当てはまらなければ、離婚回避のための条件を満たしていると言えますが、一番大切なのは何よりもあなた自身が本気で離婚を回避し夫婦関係修復を望んでいること。

 

離婚を回避できるかどうかは、あなたがどれだけ本気で行動できるかにかかっているのです。

 

参考:夫婦関係が修復不可能なくらい壊れたら〜妻との関係修復の方法を考察

 

離婚を回避するための行動

では実際に離婚を回避するためにすべき行動にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

離婚届不受理申出の提出

あなたが離婚を拒否したとしても、嫁の方が暴走し勝手に記入捺印して離婚届けを提出してしまう場合があります。

嫁が旦那に黙って提出した離婚届だからといって仮に役所の方で受理してしまうと、これを無効とするのは簡単ではなく裁判所の手続きが必要で、多くの手間や時間、多額の費用を要し、離婚せざる得ない状況に追い込まれるのです。

 

そういった不測の事態を防いでくるれるのが「離婚届不受理申出」。

「離婚届不受理申出」とは簡単言うと、もしこれから離婚届けが提出されても受理しないでくださいというお願いの書類ことです。

 

近くの役所で簡単に手続きできますので、あなたの嫁が暴走する恐れのあるヒステリック気味な傾向があるとしたら提出しておくべきでしょう。

 

相手の離婚したい本当の理由を突き止める

相手の離婚したい理由がはっきりわかれば、その問題点を改善するための提案をすることによって、離婚回避に向けて大きく進むわけですが、あなたは嫁が離婚したい本当の理由がわかっていますでしょうか?

もし、わかっていないのなら話し合いにおけるあなたの姿勢に問題があるのかもしれません。

 

相手を責めたり、否定したり、常に自分が正しいという姿勢では相手の方も心を開いて本心で話すことができなくなります。

必要なのは相手の意見を尊重し、相手を受け入れること。

 

あなたにも言いたいことや「それは違うだろ」と否定したいことがあるかもしれません。

しかし、まずは相手がどういう想いなのか、相手はどうしたいのかということがわからくては、あなたが目指す離婚回避し夫婦関係を修復するというゴールにたどり着けないのです。

 

参考:妻との離婚回避のための手紙の書き方〜離婚回避には言葉よりも文章が刺さる!

 

円満調停

夫婦が二人で何度も話し合いを重ねるということは相当なストレスになります。

時に感情的になってしまったり、顔も見たくないという状態になってしまうかもしれません。

 

そんな時は第三者に間に入ってもらう、「円満調停」を利用するのも離婚回避に向けた方法のひとつ。

円満調停とは、家庭裁判所が選んだ調停委員によって、双方の言い分や気持ちを聞いたり、原因を調査したりして夫婦関係を修復するための場を設ける手続きの事。

 

裁判所も離婚するのが必ずしも良い結果にはならないという観点から、夫婦関係の「修復」「やり直し」を積極的に勧めることがあります。

円満調停で必ず夫婦関係を修復できるという保証はありませんが、改めて話し合いの場を設けることができ、相手に少しでも修復を望む気持ちがあれば、円満調停を利用することで話し合いが進み、離婚回避に向かうことができるのです。

 

まとめ

恋愛のたとえで、男は「名前をつけてファイルに保存」、女は「上書き保存」というのがあります。

これは主に、別れた恋人のことをどういう位置付けに置くかの男女の違いを表したもので、男性は元カノのことをファイルに保存するかのごとくいつまでも良い思い出として大切にする一方、女性は元カレのことは別れる時から別の何かに上書きするかのごとくきっぱり切り捨ててしまうということ。

 

別れを決めた女性というのはそれくらいはっきりしていて、取りつく島が無いものなのです。

しかし、あなた方は法律で認められた「夫婦」であり、お互いの同意が無いと別れることはできません。

 

時間はかかるかもしれませんが、あなたの行動次第で必ず離婚は回避できます。

粘り強く、辛抱強く話し合いを重ねて、必ず離婚を回避してください!

 

利根カイヒ
スラムダンクの名言ではないですが、あきらめたらいけません。あきらめたら夫婦関係が終了してしまうのです。

心が折れかけたらこちらをチェックしてみてください

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です