嫁に離婚を思いとどまらせる切り札とは?離婚話からの復縁は可能です!

まず最初にお伝えしたいのが、離婚話が出ている状態からの復縁は可能だということ。

しかしながら、どれだけ話し合いを重ねても、どれだけ真摯に説得を試みようとも、嫁の気持ちが動かないことにあなたは悩んでいることだと思います。

 

そうなんです、女性が一度別れを決めると、その気持ちを変えさせるというのは容易ではありません。

女性が別れを決めた時というのは、もうすでにその恋は終わっていて心は別の恋愛に移っているか、恋愛以外のものに置き換えられているのです。よく恋愛の例えで「女性は上書き保存」と言われるのもその所以。

 

しかしちょっと待ってください、あなた方夫婦はただおつき合いしている関係ではなく、結婚しているんです。

法律上の婚姻関係という一種の契約を結んでいる状態で、どちらかが別れたいからと言って一方的に別れられるものではないのです。

 

あきらめてはいけません、必ず離婚を回避する方法はあります。それをこれから一緒にみていきましょう。

 

利根カイヒ
あなたが本気で離婚を回避したいのなら、絶対にあきらめてはいけません。あきらめたら夫婦関係終了なのです。

 

絶対に離婚を回避したいあなたへ「嫁に離婚を思いとどまらせる切り札」とは?

 

離婚届不受理申出の提出

あなたが以下に定められている離婚事由に当てはまらなければ、一方的に離婚されるということは基本的にありません。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 強度の精神病に罹り、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由があること

民法770条1項より引用

 

しかし、ひとつ厄介な問題が起きる可能性がある場合として、嫁が勝手に離婚届に署名捺印し提出してしまう場合が挙げられます。

たとえ勝手に提出された離婚届だとしても、一度役所で受理されてしまうとそれを無効とするには裁判所の手続きなどが必要で、多くの時間と費用が必要になり、いつの間にか離婚せざる得ない状況に追い込まれれるのです。

 

そういった不測の事態を防ぐために「離婚届不受理申出」を提出しておきましょう。

「離婚届不受理申出」とは簡単言うと、もしこれから離婚届けが提出されても受理しないでくださいというお願いの書類。

 

これを近くの役所へ提出しておけば、知らないうちに勝手に出された離婚届が受理されるのを回避できるのです。

 

未来の話をする

嫁に離婚を思いとどまらせるのに、未来の話をするというのはとても効果的です。

未来の話というのは「不安」を煽り、その「不安」を払拭する「理想」を見せること。

 

「不安」を煽るというのは、女性が離婚をためらう時というのは離婚後の経済的理由がほとんどで、その部分をあなたが煽るというか気づかせてあげるのです。

女性は感情の生き物と言いいますが、女性は離婚話が出てる時というのは離婚することに全ての気持ちが向かっていて、先々のことまで考えていない傾向が多いもの。

 

そこに対してあなたが離婚して別々に暮らすこととなった場合の経済的負担を、住む家のことや、子供のこと、老後のことなどを絡めて気づかせてあげるのです。

そしてその「不安」を十分わからせてあげたところで、それを払拭する「理想」を見せてあげることが最も重要。

 

つまり、理想の「夫婦像」や「家族像」について嫁と話し合うのです。

結婚したての頃というのは、お互いの理想の夫婦像・家族像を共有できていたはず。それがいつしかすれ違い、お互いが別々に歩き出そうとしているから離婚話にまで発展してしまっている。

 

それを再び、お互いの理想を話し合い、擦り合わせ、共有することによって、また夫婦が同じ方向を向いて人生を歩んで行くことができ、離婚という選択肢は無くなっていくのです。

 

お互いを異性として再確認

何度も話し合い、説得することは重要ですが、一番効果的なのはお互いを異性として再確認すること。

理屈云々ではなく「男女の結びつき」が一番強いんです。お互いが昔のような恋愛関係になれればこれ程強いことはないでしょう。

 

恋愛のテクニックだと、自分と一緒にいない時にどれだけ自分の事を思い出してもらうかがとても重要になります。

嫁と昔のような恋愛関係に戻るためには、あなたが仕事に行っている間などに、嫁が少しでもあなたことを思い出してくれるようにならなければいけないのです。

 

そのためには、まめにLINEをすること、おはよう・行ってきますなどの簡単な挨拶は欠かさないこと、「ありがとう」と感謝の気持ちをメモ書き程度の手紙で渡すこと、セックスすること。

とにかく嫁のマインドシェアを奪う、嫁の心の中であなたの占める割合を増やす努力をしなくてはいけないのです。

 

嫁に許してもらい離婚を回避する方法

ここまで色々書いてきましたが、あなたにまだ伝えていないことがあります。

利根カイヒ
実は僕は一度結婚を失敗しています。そうバツイチ。

幸いにして再婚することができて今はラブラブなんですが、結婚して二年目に今の嫁との最大の離婚の危機が訪れました。

その危機を乗り越え、今現在嫁とラブラブでいらるのは、何を隠そう最初の離婚のおかげ。正確に言うと最初の離婚を徹底的に自己分析したからに他なりません。

 

当時の離婚した辛い思い出は一生忘れられないです。

あの辛い思いを二度としたくはない、嫁を家族を失い、仕事まで辞めてしまい、文字通り全てを失ったあの経験をもう二度としたくないという思いから、徹底的に失敗した結婚生活を分析しました。

 

その際にすごく参考になったマニュアルがあったのでシェアしたいと思います。

あなたが絶対に離婚を回避したいのなら絶対に役立ちます。チェックしてみてください。

→「嫁に許してもらい離婚を回避する方法」

 

まとめ

 

夫婦関係が悪化し離婚問題まで発展してしまった以上、今までと同じ行動をしていてはダメ。何かを変える必要があるのです。

こまで読み進めてくれているあなたは、その何かを変える、一歩踏み出せる方だと思います。

 

あなたなら絶対に離婚を回避できます。絶対にあきらめないで離婚を回避し、復縁を果たしてください!

「嫁に許してもらい離婚を回避する方法」

 

利根カイヒ
離婚を回避するための極論を言うと、あなた自身が変わること。あなたが変われば、嫁も変わり、夫婦関係が変わります。

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です