妻と絶対に離婚したくないなら即行動!極秘テクニック満載の離婚しない方法を伝授!

「妻とは絶対に離婚したくない。」

それがあなたの偽らざる気持ちだと思います。

 

でも、そのあなたの強い想いをぶつけるだけでは妻の気持ちは変わらないでしょう。

当然ですよね。不満や我慢を押し殺し、葛藤し悩んだ末に出ててきたのが「離婚」という言葉だから。

 

昨日や今日にパッと離婚を思いついたわけではないんです。

これは一筋縄では行きません。

 

でも、あきらめるにはまだ早すぎます。

利根カイヒ
あなたにはまだまだやれることはあります。

 

あなたが離婚を回避するためにこの先やるべきこと、離婚しないための方法をこれから一緒にみていきましょう。

 

→僕が離婚を回避した体験談はコチラ

 

妻と絶対に離婚したくないあなたへ〜極秘テクニック満載!離婚しない方法

はじめに〜自分を変えることはできますか?

夫婦といのは最も密接した他人の関係。

友達同士よりも時には血の繋がっている親兄弟よりも密接した関係だと言えます。

 

あなたの妻は日頃のあなたの言動や態度、思考に大きく反応して生活しているのです。

そうやって過ごしてきた結果が今現在の状況。

 

あなたが妻に離婚を迫られているのなら、それはあなたが招いた結果でもあるのです。

だから、あなたが離婚を回避するためにすべきことは、今までの自分を変えること。

 

要するにあなたが変わらなければ離婚は回避できないということなのです。

でも、安心してください。

 

この記事をここまで読んでくれているあなたは確実に今までの自分とは違う行動を取っています。

あなたなら離婚を回避できます。次からは具体的に何をすべきか見ていきましょう。

 

夫婦関係修復のきっかけはLINEから

 

離婚届不受理申出

離婚届不受理申出とは簡単に言うと、相手に勝手に署名捺印されて出された離婚届を受け付けないでくださいと、役所に対してあらかじめお願いしておくための手続きのこと。

たとえ勝手に出された離婚届でもそれが受理されてしまうと離婚ということになってしまい、これを覆すのは並大抵のことではありません。

 

それこそ関係修復ところではなくなってしまうのです。

特にヒステリックになってしまう傾向がある女性ですと何をしでかすかわからない場合があります。

 

でも、これさえ出しておけば本人以外の離婚届は受け付けられなくなりますので、念のためにも提出しておくことをおすすめします。

 

参考:「絶対に離婚したくない場合の奥の手7選」〜嫁との離婚を回避するために!

 

円満調停

調停と聞くと何やら重々しくて、どちらかというと離婚調停をイメージされるかもしれませんが、夫婦関係を修復するために行われるのが円満調停(夫婦関係円満調整調停)です。

具体的に何をするのかというと、裁判所の調停委員という完全な第三者を間において、どうしたら関係が修復できるのかアドバイスを受けつつ話し合いを行います。

 

ポイントは第三者を挟むということで、お互いが感情的ならず、冷静に話し合いが行われることですね。

実際に調停を申し立てる場所は、原則相手方の住所地を管轄している家庭裁判所に申し立てることになっています。

 

ただひとつだけ注意点を挙げるとすると、いくら第三者を挟もうが調停が不成立になる場合はあるわけで…仮にそうなった場合には裁判所絡みだともう離婚裁判しかないわけです。

行き着くとこまで行ってしまうというか、調停不成立という言葉の重みが関係修復はもう無理なのではという気持ちにさせてしまいます。

 

だから安易な気持ちで円満調停をというのはあまりおすすめできないのですが、それよりも次に僕がおすすめする離婚を回避して関係を修復する方法がありますので先に進みましょう。

 

参考:絶対に離婚回避したいあなたへ〜妻への謝罪の手紙の書き方を例文付きでご紹介

 

僕がお勧めするのは…

僕がおすすめするのはズバリ、日本一の復縁のプロが作った、女性の離れかけた心を取り戻すためのマニュアルです。

結局のところ、お互いのことが「好き」同士の夫婦というのは離婚とは無縁なものです。

 

「もう夫婦生活も長いし、好きだとか嫌いだとか、そんな単純なことではないんだよ」とあなたは思うかもしれません。

たしかにその気持もわかります。僕も嫁とはかれこれ10年くらいの付き合いです。結婚して家族になるということは好きとか嫌いとかいう問題ではないですよね。

しかし、夫婦といえど男と女。お互いに好きという気持ちが無くなってしまったら、一緒にいたいとは思わないのです。

 

僕がこのマニュアルに出会ったのは何を隠そう最初の結婚を失敗した時。

妻に離婚を迫られ、そして実際に離婚という運びになって自分の何が悪くてこんなことになったのか、失意の中で原因を求めネットサーフィンを繰り返していた最中に出会いました。

 

紹介ページをみてたら思わず脊髄反射。すぐにポチってました。

極秘テクニック満載。目からうろこです。

このマニュアルを脊髄反射でポチったおかげで今の奥さんとの結構な離婚危機を乗り越えれたと断言できます(ていうか、何回離婚の危機を迎えてるんだという話はさておき…)。

 

僕の場合は結局のところポイントが全てズレていたんですよね。

話し合うポイント、謝るポイント、説得するポイント…そりゃあ離婚になるよねという話。

 

あなたも妻との話し合いが上手くいかないと悩んでいるのなら、どこかポイントがずれている可能性があります。

それってなかなか自分では気づくことはできません。

 

しかし、そのポイントがずれたまま話し合いを重ねても、あなたの望む結果は得られないでしょう。

だからこそ、このマニュアルを手に取ってみてください。

 

もちろんその辺の本屋には売ってませんので紹介ページのリンク貼っておきます。

最初にも申し上げましたが、今までの自分を変えなくては離婚回避という結果は得られません。

 

思い切って一歩踏み出してください。そして自分を変えてください。

僕はそんなあなたを応援してます!

→「7つのステップであなたのことをもう一度好きにさせる方法」

 

まとめ

 

過去と他人は変えることが出来ないというのは、昔から言われ続けていること。

夫婦関係が悪くなってしまった過去を変えることはできません。

 

そして、基本的には他人である妻を変えることもできないのです。

ではこの悪化した夫婦関係を修復し離婚を回避するにはどうするべきか?

 

利根カイヒ
そう、あなたが変わるしかないのです

あなたが変われば妻も必ず変わります。

 

夫婦関係が変わるのはあなたが変わったその時から。

あなたが自らの手で幸せを掴み取ることを心より願っています。頑張って!

 

絶対に離婚したくないあなたへ

→「7つのステップでもう一度あなたのことを好きにさせる方法」

もしも離婚調停になってしまったら

プロが徹底解説「離婚調停成功マニュアル」

 

当サイト厳選10記事はこちら。あなたが絶対に離婚したくないならぜひ読んでみてください!

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です