妻と離婚したくないあなたの3つの行動で離婚調停が無意味なものになる!

突然裁判所から離婚調停の呼び出し状が届いたというあなた。

まずは落ち着いて。

離婚調停になったからといって、必ず離婚しなくてはいけないということはありません。

 

ただひとつ言えることは、あなたの妻はあなたとの二人での話し合いでは問題が解決できないと判断したことです。

つまり、この時点では離婚したくないあなたが離婚したい妻の気持ちを変えることができていないということ。

 

しかし、二人での話し合いが上手くいっていないなら、第三者に入ってもらう離婚調停になったということはある意味チャンスです。

ここでは離婚調停が一体どういうものなのか、離婚したくない場合にはどうすればいいのかを解説していきますので、あなたが離婚を望まないのであれば、注意深く読み進めていってください。

 

利根カイヒ
ピンチはチャンス。強気のマインドでいきましょう。あなたの妻を幸せにできるのはあなたしかいないのです。

 

離婚調停とは

離婚調停とは、離婚について話し合いがまとまらない場合や、さまざまな事情で話し合いが難しい場合に、家庭裁判所の調停手続を利用して、離婚に向けた「話し合い」をする方法のこと。

正式には、夫婦関係等調整調停といい、離婚そのものだけではなく、親権者、面会交流、養育費、財産分与、年金分割、慰謝料などの問題も併せて話し合うことができます。

 

つまり、離婚調停というのはそんなに難しく考える必要はなく、夫婦二人の話し合いの延長上の手続きのこと言えるでしょう。

あくまで話合いの手続きなので何らかの結論を強制されることがなく、どれだけあなたの妻の離婚の意思が固くとも、話合いによってお互いが合意することができなければ、調停は不成立になって終るのです。

 

調停が不成立になり、それでもあなたの妻の意思が変わらなければ、離婚訴訟へと進むことになります。

したがって、離婚したくないあなたがすべきは、離婚調停を不成立に終わらせ、なおかつ妻の離婚したいという気持ちを変えることなのです。

 

なお、離婚調停であなたが直接話をする相手は妻ではなく調停委員。そして、その調停委員があなたの話を妻に伝えます。

そのため、いかに調停委員を共感させられるかもポイントになってきます。

 

離婚調停が無意味に!「離婚したくないあなたがすべき3つの行動」

 

1.離婚を拒否し続ける

離婚は一方に浮気やDVなどの法定離婚事由がない限り、お互いの合意がないと成立しません。

それは離婚調停でも同じ、「離婚したくない」と言い続ければ、調停が無意味なものになるのです。

 

ただし、あなたが離婚を拒否しているだけでは妻の離婚したいという気持ちは変わりません。

その後に離婚裁判へと発展する恐れがあるので、離婚調停を利用して妻の気持ちを変える必要があるのです。

 

2.妻が離婚したい本当の理由をつきとめる

あなたは妻の離婚したい理由というのはなんとなく把握できているかと思いますが、改めて調停の場でも妻がなぜ離婚したいと思っているのか聞いてみましょう。

二人きりの話し合いでは出てこなかった本当の離婚したい理由というのが、調停委員が聞き出してくれるこによって調停の場で出てくるということもあるのです。

 

本当の問題点がわかれば、関係を修復するための提案を具体的にすることができます。

第三者を入れることを最大限に利用し、問題解決に繋げるのです。

 

3.調停委員を共感させる

離婚調停においてあなたが話をするのは調停委員。

調停委員はあなたの「離婚したくない」という言葉を妻に伝えるだけにすることも、妻に「離婚しないようにするのがあなたのため」と勧めることもできるのです。

 

つまり、調停委員があなたの話す内容を納得し応援したいと思ってもらうこと、あなたに共感してもらうことが必要になります。

そのためのテクニックをいくつかご紹介します。

 

社会的にそうすることが正しいと思わせる

裁判所が正義と公平を重んじる場所であるのと同時に、調停委員も正義と公平を判断基準にして問題解決を目指します。

どうすることが社会的に正義なのか、どうすることが社会的に公平であるのかを判断基準にしているのです。

 

すなわち、あなたの「離婚しない」という決断が、社会的にそうすることが正しいと調停委員に思わせることが必要だということ。

ただ単に、あなた自身のつらい気持ちや不安をひたすら訴えたところで、調停委員は共感してくれません。

 

離婚しないことによって得られる幸せな未来、子供達の幸せであったり、夫婦二人の幸せを訴えることによって、調停委員に社会的にそうすることが正しいと思わせることができれば、妻の方にも「離婚しないことがあなたのためだ」と勧めてくれるのです。

 

夫婦関係を修復するための方法を具体的に提示する

調停委員の共感を得るためには、夫婦関係が本当に修復できるものだと思わせなくてはいけません。

そのためには妻の離婚したい本当の理由に対する改善点、夫婦関係修復のための方法を具体的に提示しましょう。

 

さらには、あなたの妻を愛する想い、家族を大切にする想いというのを合わせて伝えることによって、より調停委員の共感を得ることができるのです。

 

意思の固さを伝える

「絶対に離婚したくない!」というあなたの意思の固さを伝えることはとても重要です。

調停委員は調停を早く成立させるために、説得しやすい方を説得しようと試みがち。

あなたの意思が固く、説得が難しいと早めに思ってもらうことによって、無駄な時間を使わないで、夫婦関係修復を目指す方向に向かえるのです。

 

まとめ

時間はかかかるかもしれませんが、離婚調停までもつれてしまった夫婦関係でも必ず修復の糸口というのはあります。

よく言われる「価値観の違い」というものが、お互いを理解しようとする姿勢が欠けていることだったり、コミュニケーション不足が原因だったりするように、関係修復の糸口というのは必ずあるのです。

 

離婚調停はある意味、夫婦関係がより良いものになるための試練。

ピンチをチャンスに変えて、夫婦関係を修復し、必ず幸せをつかみましょう!

 

利根カイヒ
第三者に説得されて初めて気持ちが変わるということは大いにあり得ることです。まずは調停委員を共感させることに全力を尽くしてください。

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です