妻と離婚しないで済むには許してもらうこと〜絶対に離婚しない方法はコレです!

「絶対に妻と離婚したくない」…このブログにたどり着いたあなたの想いはひとつのはず。

世の中には、慰謝料はどうで親権はどっちで養育費はいくらでといった具合に、いざ離婚になった場合の実務的なアドバイスをしてくれる弁護士という職業の人はいても、離婚したくない場合にどうするべきか、妻の気持ちを取り戻すにはどうするべきかをアドバイスしてくれる人は中々いません。

 

その結果、多くの人はひとりで悩み、傷つき、悲しみの中、本当は離婚したくないのに離婚という結果になってしまうのです。

利根カイヒ
現代では結婚した3組に1組が離婚する時代。永遠の愛をお互い誓ったはずなのに、せつないですね。

 

僕には離婚した経験と離婚を回避した両方の経験があります。

最初の妻とは絶対に離婚したくないと最後までもがき苦しんだのですが、あえなく離婚でバツイチに。

 

その後再婚し、なかなかの離婚の危機がやってくるも、それ乗り越えることができ、何とか幸せな結婚生活を送ることができているのは、最初の結婚の失敗を乗り越え、多くのことを学び、それを次に活かすことができたからだと思います。

ここでは僕のそんな経験を踏まえて、お勧めの離婚回避方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.最初に〜「僕が妻と離婚しないで済む方法を見つけることができなかった話」

 

僕はバツイチ、最初の結婚生活を失敗しています。

当時は絶対に離婚したくなかったのですが、妻と離婚しないで済む方法は最後まで見つけられませんでした。

 

僕の感覚ではある日突然という感じだったんですよね。

いつものように残業して深夜に帰宅すると、珍しく妻が起きている。その時点で少し嫌な予感はしたんですが、まさかの記入済み離婚届を突きつけられるという…

 

当然のことですが、妻は昨日や今日に突然離婚を思い立ったわけではなく、長い間苦しみ、我慢を重ね、悩んで出した結論が離婚ということで、そのことに僕は全く気づいてあげられなかったのです。仕事の忙しさにかまけて妻と向き合うことをしてこなかったのです。

そう、悪いのは僕。気づいた時にはもう手遅れ。

 

そこからは離婚へ向かってまっしぐらだったのですが、離婚までの間というのは本当に地獄のようだったと記憶しています。

毎日残業をいとわず仕事をしていたのは、家族のためだと歯を食いしばっていたわけでもありますし、何と言っても妻のことを心から愛していたので、何度話し合ってみても妻の気持ちが変わらないのを感じるたびに、心が張り裂けそうで、頭がおかしくなりそうでした。

 

どれだけ謝ってみても、説得を試みようとも、時には感情的になってみても、妻の気持ちは変わらないのです。

しかし、今になって振り返ってみると、本当に間違った対応をしていて、火に油をそそぐというか、離婚するべくして離婚したという感じですね。

 

あなたはどうですか?離婚は回避できそうですか?

僕がひとつ言いたいことは、あんな辛い思いをあなたにしてもらいたくはないのです。

 

2.妻と絶対に離婚しない方法とは?

 

あなたの方法は間違っている

あなたが妻との関係修復のために行なっていることには具体的にどのようなものがありますか?

何度も話し合いを重ねる?ひたすら謝る?少し距離を置いてみる?

 

あなたが妻との離婚を回避しようと必死になっているのはわかります。

しかし、未だに妻の離婚したいという気持ちを変えることができず、妻との関係が良くなる兆しが見えないのであれば、あなたの行動が間違っていると言わざるを得ません。

 

昔の偉人もこのように言っています。

狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること

アインシュタイン

 

あなたが本気で妻との離婚を回避したいのなら今までの行動を変えなくてはいけません。

今までとは違うアプローチを試す時です。

 

実際に離婚を回避できた事例から学ぶべき

あなたはモデリングという考え方をご存知でしょうか?

モデリング(英: Modelling)は、心理学用語のひとつ。何かしらの対象物を見本(モデル)に、そのものの動作や行動を見て、同じような動作や行動をするのがモデリングである。

ウィキペディアより

 

つまり、あなたが望む結果を出している人の行動や考え方を真似ることによって、その人と同じような結果をあなたも得る事が可能であるという考え方。

あなたが本気で妻との離婚を回避して夫婦関係を修復したいと思っているのなら、実際に離婚を回避した事例から学べば良いのです。その人達が行っていることと同じことをすれば良いのです。

 

あなたの周りには離婚を回避して幸せな夫婦生活を送っている人達はいますでしょうか?

もし、いないのであれば、間違ってもバツイチ独身の会社の先輩なんかにアドバイスを求めてはいけませんよ。

 

その人は間違いなく離婚回避の方法を知りません。

そんな時は数多くの離婚回避事例を見てきたプロ、その道のプロ声を参考にすべきでしょう。

 

妻に許してもらう

あなたが本気で妻との離婚を回避し、夫婦関係を修復したいのなら、まずはあなたが変わらなくてはいけません。

あなたが変わることができれば、妻が変わり、夫婦関係が変わるのです。

 

ではあなたはどう変わればいいのか?

それは先ほども述べたように、今までと違うアプローチを試してみることとその道のプロの声を聴くということです。

 

一度離婚を経験し、二度目の結婚生活での大きな離婚危機を乗り越え、今は幸せな夫婦関係を築けている僕がおすすめするのはコチラの方法。

「妻に許してもらい離婚を回避する方法」

 

これは僕が最初の結婚生活を失敗し、失意のもと地元北海道の実家に帰っていた時に何となくネットで検索して見つけたものですが、この出会いが僕を変えてくれたと言っても過言ではありません。

もし、この出会いがなければ、僕はバツ2になっていたことでしょう。あの離婚したくないのに離婚という最悪の経験を二度も味わうことになっていたなんて、考えただけでも耐えられないです。

 

あの家族を失う経験…家を失う寂しさ…仕事までクビになった自分のダメさ加減…気付いた時には全てが手遅れだった後悔…

今振り返ってみると「もう少し早くこのマニュアルに出会っていたらな…」と思わざるを得ませんが、僕の場合は一度離婚することが運命だったのでしょう。

 

ですが、あなたはそんな経験をする必要はありません。

このブログとの出会い、僕との出会い、そしてこのマニュアルとの出会い。この出会いを活かして必ず離婚を回避してください。

 

あなたにはあんな辛い思いをしてもらいたくないのです。

「妻に許してもらい離婚を回避する方法」

 

3.まとめ

 

僕が一度離婚を経験して気付いたことは、結婚というのは自転車を漕ぐようなものだということ。

僕は結婚をどこか自動車の免許のようなものだと思っていました。

 

つまり、結婚した後というのは、大きな違反がない限り結婚生活は永久に続いていくものだと。

浮気やDVなどの「違反」が無ければ、離婚することは無いと思っていました。

 

でも違うんですよね。

結婚生活を良いものにしよう、夫婦関係を良いものにしようと、毎日自転車を漕ぐが如く努力が必要。漕ぐことをやめては自転車は倒れてしまうんです。

 

あなたが離婚を回避して、また再び素敵な夫婦関係に戻れることを心より応援していています。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

利根カイヒ
あなたが変われば、必ず妻も変わります。離婚を回避したいのなら、まずはあなたが変わらなければいけません。

→「妻に許してもらい離婚を回避する方法」はコチラ

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です