【離婚したくない】単身赴任中に妻から離婚を言われた場合の対処法

単身赴任中に妻から離婚を言われてしまった。

確かに喧嘩ばかりだったけど、まさか離婚だなんて…

絶対に離婚したくない。妻と子供を愛している。幸せなあの頃に戻りたい。

本記事ではこのような悩みに対して最適な解決方法を提案していきます。

 

それにしても、家族のために単身赴任で頑張っているのに、離婚だなんてあんまりです。

色々な家庭事情はあるかもしれません。それでもあなたは家族のためにひとりで頑張ってきたはずです。

仕事で疲れた時や、ひとり寂しい時に奥さんと子供の写真を見て自分を奮い立たせたことは1度や2度ではないはず。

 

絶対に離婚を回避しましょう。

幸せだったあの頃を取り戻しましょう。

利根カイヒ
こんにちはカイヒです。僕のバツイチの経験と、今の奥さんとの夫婦関係構築術をベースに、心理学や恋愛学、生物学などを交えて離婚回避方法を深堀りしていきます。

 

※どうしても離婚を回避できない場合はこちらをクリック

女性カウンセラーが徹底的な女性視点で書いた「男性のための離婚回避マニュアル」

 

単身赴任中に妻から離婚を言われた場合の対処法

あなたが絶対に離婚したくないのであれば行動するしかありません。早速対処法を見ていきましょう。

離婚を拒否する

まずは慌てずに「離婚したくない」とあなたの意思を伝えてください。離婚はお互いの同意が無いと成立しないものです。

どちらか一方が離婚したいと言っても、DV・借金・病気・不貞などの法律で定められている、いわゆる法定離婚事由が無いと離婚は認められません。

 

つまり、離婚回避へのファーストステップは離婚をしっかりと拒否することになります。

 

参考:「絶対に離婚したくない場合の奥の手7選」〜嫁との離婚を回避するために!

 

まとまった休みをとる

離婚を回避するには話し合いを行わなければなりません。

もちろん話し合いは直接会って行うもの。そのための時間を作りましょう。具体的にはまとまった休みを取ることをおすすめします。

 

週末だけ奥さんのもとに帰って話し合うこともできるでしょうが、それでは中途半端になりかねません。

有給休暇を消化するなりして話し合いの時間を確保しましょう。

 

相手の離婚したい理由を探る

離婚を回避するためにはあなたの奥さんがなぜ離婚したがっているのかをはっきりさせる必要があります。

原因がわからなければ対応のしようがないわけです。

 

ただ、離婚の原因というのは長年積み重ねてきた不満やストレスが我慢の限界にきてしまったという場合がほとんど。

そのようなケースでは、なぜ離婚をしたいのかを尋ねても、ひとことで「これが原因です」とはなかなか出てこないものです。

 

したがって、必要なのはとにかく聞くこと。

自分の言いたいことや、反論したいことは一切封印して、聞くことに徹して相手の離婚したい原因を引き出しましょう。

 

参考:妻が離婚を考えるときとは?「本気で離婚を決意した妻の行動5選」

 

手紙を書く

夫婦関係修復を修復するには時間が必要です。

数回の話し合いだけでは、相手の話を聞くのが精一杯で、自分の言いたいことや想いを伝えることはできないかもしれません。

 

そんな時は単身赴任先から手書きの手紙を書いてみるのが効果的です。

顔と顔を突き合わせては言えないことでも、手紙であれば伝えることができます。

自分の気持を客観的に見つめ直し、想いの全てを文章に落とし込んでください。

 

また、手紙は形として残り続けるものです。

たとえ1回読んで刺さらなかったことでも、2度・3度と読んでいくうちに想いを理解してくれることがあるのです。

 

想いのこもった手紙は必ず人の心を動かします。

真剣に丁寧に書いた手書き文字はきっと奥さんの気持ちを動かすでしょう。ぜひ筆を取ってみてください。

 

なお、関係修復のための手紙の書き方はこちらの記事で詳しく解説しています。例文も載せていますので確認してみてください。

参考:絶対に離婚回避したいあなたへ~妻への謝罪の手紙の書き方を例文付きでご紹介

 

異動願いを提出

一般的に、夫婦関係を再構築しようとする際にやってはいけないのが、別居と言われています。

物理的な距離の差は、夫婦お互いの心の距離と比例していまうわけで、会わない期間が長いと、それだけ気持ちも離れてしまうということです。

 

単身赴任というのはある意味で別居状態ということになります。

この別居状態を解消しないことには、一度できてしまった夫婦の溝を埋めるのが非常に困難になってしまうのです。

 

奥さんと子供をあなたのいる場所に呼び寄せることができればいいのですが、そうもいかないでしょう。

そうであるなら、会社に異動願いを提出するしかありません。

理由はそのまま伝えてもいいですし、何か他の理由を考えてもいいでしょう。

 

ただ、異動願いというのは場合によってはキャリアに支障が出るものです。

何を自分の人生の最優先事項にするかをよく考えて決断してください。

 

参考:夫婦喧嘩の度にすぐ離婚と言う妻の心理を徹底解剖~離婚したくないなら必見!

 

単身赴任中の喧嘩を無くす方法

ここからは、離婚まではいかないけども、現在単身赴任中で夫婦喧嘩が絶えないという人向けに、喧嘩を無くす方法について見ていきまます。

連絡を欠かさない

どんなに忙しくても、単身赴任中は連絡を欠かしてはいけません。

LINEやメール、電話でのこまめな連絡を心がけましょう。

 

ネタはなんでもいいです。今日あったこと、失敗したこと、面白かったドラマのことなどを、ひとことふたことでもLINEでやりとりすれば、それだけでコミュニケーションが成立します。

喧嘩になるということは、それだけお互いが寂しかったり、不安だったりするからです。

そういった部分を解消するためにも、マメな連絡を欠かさないようにしましょう。

 

参考:夫婦喧嘩で仲直りできず離婚の危機!謝っても妻が許してくれない場合の対処法

 

記念日には休みをとって帰ってくる

奥さんの誕生日や夫婦の記念日、子供の運動会など、特別な日には一緒に祝ったり、行事に参加したりしましょう。

仕事に追われ、時間が取れないのもわかります。ただ、奥さんや子どもたちにとっては年に1回のことです。

そこに労力をさけるかどうかが、信頼や信用につながり、喧嘩を無くすことにもなります。

 

参考:夫婦喧嘩後の長期間の妻の無視もしかして離婚!?無視する妻の心理と解決法

 

夫婦2人の時間をつくる

たまの帰宅の際には、夫婦2人だけの時間を作りましょう。

もし可能なら、子どもたちをどちらかの実家に預けて、ゆっくり2人だけの時間を作ってください。

 

2人だけでのコミュニケーションは、特に単身赴任のような会えない時間が長い場合にはとても重要になります。

子供を預けることができないのであれば、子どもたちが寝てからの時間帯でもいいです。

晩酌をしたり、映画を観たり、2人だけの時間の積み重ねが、喧嘩とは無縁の夫婦関係を築くのです。

 

参考:夫婦喧嘩での禁句11選~これを妻に言ったら仲直りできないどころか離婚!?

 

絶対に離婚しなくないなら

絶対に離婚しないためには、常に相手目線で行動することです。

特に単身赴任という特殊な状況であるならなおさら。

 

家を守る奥さんは不安で寂しくて心細い反面、強くたくましくいなくてはいけません。

単身赴任をする方も大変ですが、残された方もまた大変なのです。

 

仕事が忙しいのもわかります。

でも、常に奥さんの気持ちになって、支えてあげることがなによりもの夫婦円満の秘訣です。

 

もし、あなたが離婚の危機だというのなら、こちらのマニュアルをご覧になってみてください。

→女性カウンセラーが徹底的な女性視点で書いた「男性のための離婚回避マニュアル」

 

これは女性心理カウンセラーが男性のために書いた究極の離婚回避マニュアルです。

目から鱗の離婚回避方法がこれでもかと書かれています。

利根カイヒ
結局のところ、男性は女性の心の本質的な部分までを理解できないのかもしれません。そう思わせてくれるマニュアルです。

 

あなたが絶対に離婚を回避したいのなら、チェックしておくことを強くおすすめします。

→女性カウンセラーが徹底的な女性視点で書いた「男性のための離婚回避マニュアル」

 

それでは以上になります。

お体に気をつけて、仕事も頑張ってください。応援してます!

 

もしも離婚調停になってしまったら

プロが徹底解説「離婚調停成功マニュアル」

 

当サイト厳選10記事はこちら。あなたが絶対に離婚したくないならぜひ読んでみてください!

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です