離婚したくない側は弁護士に相談すべきなのか?妻との離婚回避方法を考察

どうしても妻と離婚したくないあなた。

離婚を回避するためにあらゆることを試してきたはず。それでも妻の心は変わらない…

 

どうすれば良いのかわからず、誰かに相談したくなるあなたの気持ちはわかります。

確かに誰かに相談することによって、気持ちが楽になったり、アドバイスがもらえるのかもしれません。

 

しかし、夫婦の問題の本質というのは他の人にはわからないもの。

二人がどういう出会いをして結婚に至り、どういった結婚生活を送ってきたかという、二人の歴史や絆というのは他の人にはわからないのです。

 

つまり、人に頼ってはいけないということ。

あなたが妻の心を変えるしかないのです。

 

利根カイヒ
離婚を回避できるかどうかは全てあなた次第。一緒に妻との離婚回避方法を考察していきましょう。

 

どうしても離婚したくないあなたへ「妻との離婚回避方法を考察」

 

離婚したくない側は弁護士に相談すべきなのか?

もし、あなたと妻の話し合いがうまくいかず裁判にまでもつれ込むということになったら、それは弁護士に相談すべきです。

裁判では法律の知識が求められるので、法律のプロである弁護士に相談するのは必要なこととなります。

 

しかし、夫婦関係を修復しようとしている話し合いの段階で弁護士に相談するのは避けるべき。

弁護士というのは法律のプロであって、夫婦関係修復のプロではありません。

 

必然的に弁護士のアドバイスというのは離婚に関する法律にのっとったものになり、「慰謝料・財産分与はいくら、養育費はいくら、親権はとれる・とれない、着手金はいくら…」など、離婚する場合はこうですよという話が多くなります。

離婚回避が目的だったとしても、弁護士にあれこれ離婚について聞いているうちに、無意識のうちに離婚へと意識が持って行かれてしまうのです。

 

潜在意識というのは恐ろしいもの、離婚回避のためにあれこれ考えていたことが、いかに有利に離婚をするかにすり替わってしまうということも起こり得るので、弁護士に相談するのはやめましょう。

 

離婚したくない側が頼るものとは

離婚したくないのなら人に頼らず自分で何とかするべきなのですが、とは言え、どうしたら良いかわからず、どうにもならない時もあるかと思います。

そんな時、自分以外で唯一頼っていいのが、実際に離婚の危機を回避したことのある人、もしくは離婚を回避させてきた実績のある人です。

 

間違ってもバツイチで独身の会社の上司なんかにアドバイスを求めてはいけません。

その上司は離婚の仕方を知っていても、離婚の回避の仕方を知らないはず、時間の無駄です。

 

会社関係の人や友人にアドバイスを求めるなら、離婚の危機を乗り越え現在ラブラブだという夫婦にしましょう。

そういった意味で、離婚を回避させてきたプロ心理カウンセラーのこの人は信頼できるのでチェックしてみてください。

→妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

離婚回避のためにすべき3つのこと

離婚回避のために押さえておきたい3つのことを説明します。

離婚届不受理申出の提出

離婚届不受理申出とは簡単に言うと、一度は離婚届への署名捺印をしたが、気が変わって離婚する意思がなくなったので、離婚届が役所に提出されても受理しないでくださいというお願いの書類。

つまり、妻が勝手に離婚届を出した場合の対抗処置です。

 

たとえ勝手に提出された離婚届だからといって役所の方で一度受理されてしまうと、これを無効とするのは簡単ではなく裁判所の手続きが必要で、多くの手間や時間、多額の費用を要し、離婚せざる得ない状況に追い込まれます。

女性は感情の生き物と言われていますが、話し合いがうまくいかず感情的になった女性はどんな行動を起こしてもおかしくはありませんので、念のため提出しておくことをお勧めします。

 

相手の離婚したい理由を把握する

あなたの妻の離婚したい理由というものをしっかり把握していれば、その問題点を改善することによって、離婚を回避することに繋がっていきます。

妻の離婚したい理由を知るには、あなたがどれだけ頭を悩ませてもわかるものではなく、話し合うことしかないわけですが、本当の離婚したい理由というのは、なかなかわかりずらいものです。

 

なぜなら、長年の積み重なった不満の結果が離婚ということであって、それは一言では言い表せられないから。

問題を論理的思考で理屈で解決しようとする男性がやりがちなのは「君の話はだいたいわかったよ。で、何で離婚したいの?」と結論を急いでしまうこと。

 

まずは聞くことに徹してください。

妻の声を聞くことに徹し、長年の不満を紐解いていくことによって初めて本当の離婚したい理由がわかるのです。

 

別居は避ける

最後はやってはいけないことになるのですが、別居は絶対に避けてください。

冷却期間を設ける意味での別居は、距離を置くことによってお互いが冷静になり、いい結果が出るのではないかと思いがちですが、離婚したい方の立場からしてみれば、お互いの目が届かない別居が格好の離婚準備期間になり得るのです。

 

妻が離婚へ向けてまっしぐらになっていても、離れて暮らしていては気づけません。

あなたにとってみても関係が悪化した妻と一つ屋根の下で暮らすということは、時に苦痛を伴うことかもしれませんが、離婚を回避したいのなら別居は避けるべきです。

 

まとめ

男性というのは鈍感なもので、夫婦関係が悪化したとしてもまさか離婚はないだろうと思いがちです。

しかし、あなたの妻はサインは出していたはず。

悩み、苦しみ、葛藤し、あなたに手を差しのばしてもらいたくてサインは出していたのです。

 

ただ、あなたはそれに気づいてあげれなかった、もしくは気づいていたが放置してしまった。

あなたが絶対に離婚したくないのであれば、これからあなたが苦しむ番です。

 

すぐには妻の気持ちは変わらないでしょう。こればっかりはしょうがない。

ですが、あきらめてはいきません。あなたの妻の心を変えることができるのはあなたしかいないのです。

 

利根カイヒ
あきらめたらそこで夫婦関係終了です。時間はかかるかもしれませんが、粘り強く、辛抱強く対話を重ねていってください。

 

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です