妻との関係を修復したい!「冷めた妻の気持ちを復活させる夫婦関係修復のコツ7選」

過去の恋愛経験からお分かりかと思いますが、女性が相手のことを好きではなくなった時の、あの冷めた、急によそよそしくなる感じ、思い出しただけでもゾッとしますが、あなたの妻はそんな感じなんでしょうか?

もしそうであれば、結構ヤバイです。

 

恋愛におけるたとえで、女性は上書き保存、男性は名前をつけてファイルに保存、というものがあります。

これは、女性は新しい恋愛をすると昔の恋愛を忘れるがごとく上書きして保存するのに対し、男性は昔の恋愛を名前をつけてファイルにしまって保存しておくというもの。

 

もし、あなたと妻がまだ結婚していなくて、付き合っている関係だとしたら、とっくに上書きされていてもおかしくはない、いつ別れを切り出されてもおかしくはない状態です。

ただ、あなたと妻が婚姻関係にあるからなんとか踏みとどまっているだけであって、このままいくとこの先、覚悟を決めた妻から離婚届を突きつけられるというような事も起こり得るでしょう。

 

しかし、あなたは妻のことを愛していて絶対に離婚なんて考えられないはず。

そうであれば、すぐに夫婦関係修復のための行動を取りましょう。

今すぐ夫婦関係修復

 

利根カイヒ
冷めた妻の気持ちを復活させるのには一筋縄ではいきません。ただし関係修復のためのコツは存在します。それをこれから見ていきましょう。

 

妻との関係を修復したいあなたへ「冷めた妻の気持ちを復活させる夫婦関係修復のコツ7選」

1.あなたから歩み寄る

夫婦関係修復のためにはまずはあなたから歩み寄らなければなりません。

確かに妻にも問題はあるのかもしれませんが、あなたが歩み寄り、受け入れないと、離婚届を突きつけられてしまいます。プライドとか言ってる場合ではないのです。

 

あなたが本気で妻との関係を修復したいのなら、ライドを捨てて歩み寄るくらい簡単ですよね。

 

2.日頃の簡単なあいさつをしっかりと

夫婦関係が悪いと日常の会話もあまり無いような状態だと思いますが、そんな場合でも、日頃の簡単なあいさつはしっかりしましょう。

「おはよう」「おやすみ」「行ってきます」「ただいま」等、日常のあいさつはコミュニケーションを生んでくれます。

 

「おはよう」と言われて「おはよう」と返さない人はいないですよね。

つまり、会話のきっかけができてコミュニケーションが生まれるのです。

 

3.こまめに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える

「ありがとう」は魔法の言葉と言いますが、感謝の気持ちを言葉にして伝えることで夫婦関係は良くなります。

あなたは言えてますでしょうか?

 

ワイシャツにアイロンをかけてくれる、ご飯を用意して待っててくれる、子供を幼稚園に送り迎えしてくれる、これらは妻がやって当たり前ではないです、こまめに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるべきです。

 

4.感情的にならず論理的になりすぎず

夫婦関係が悪いと言い争いも増えるかと思いますが、決して感情的になってはいけません。

もともと女性は感情の生き物、それに付き合ってはダメなことはもちろん、論理的になりすぎるのもダメ。

 

感情的になっている妻に対し、男性特有の理屈を並べる論理的な説得は、妻の方では見下されていると捉えてしまいかねないのです。

ですので感情的にならず論理的になりすぎずということです。

 

5.相手の悪い所を良い所に変換

妻との関係が悪いと、妻の悪い所ばかり目につき、イライラしがち。

しかしそれでは夫婦関係は良くなりません。

 

妻の悪い所が気にならなく秘訣は、あなたが思う妻の悪い所を無理やり良い所に変換すること。

だらしない→大らか、料理がまずい→一緒に外食の機会が増える、ケチ→お金が貯まる等、あなたの妻に対する見方を変えれば悪い所も気にならなくなり、夫婦関係は良い方向に向かうのです。

 

6.一緒の時間を増やす

夫婦で一緒の時間を増やすことは良好な夫婦関係を築くためには必要なこと。

夫婦関係が悪化してくると、妻と一緒にいたくないと思いがちですが、それではダメです。

 

飲み会を断り一緒にご飯を食べる、自分は我慢して妻の見たいテレビを一緒に観る、ちょっとの買い物でも一緒に行く、一緒の時間が増えることによりコミュニケーションが増え、夫婦関係が改善されていくのです。

 

7.妻の感情を満たす努力をする

あなたが仕事の忙しさを理由に妻とのコミュニケーションをおろそかにしていたとしたら大問題。

「妻のため、家族のために残業や休日出勤して疲れているんだ、しょうがないだろ」というあなたの言い分はわかります。

 

家族が生活していくためには、あなたが仕事してお金を稼がなければいけないのもわかります。

しかし、あなたが仕事を頑張って得られるものというのは「お金」であり、その「お金」が満たしてくれるのは所詮、銀行の預金残高なのです。

 

お金も大事ですが、夫婦関係が悪化している今、もっと大事なのは妻の「感情」を満たすこと。

「感情」を満たすとは、嫁が喜ぶこと、嬉しいこと、楽しいこと、嫁がしてもらって幸せになることをあなたがしてあげることです。

 

そのためには日頃からきちんとコミュニケーションをとり、妻のことを理解し、理解される努力を怠ってはいけないということ。

あなたにできることはたくさんあるはず、嫁の心を満たしてあげることができれば、夫婦関係は修復できます。

 

参考:夫婦関係が修復不可能なくらい壊れたら〜妻との関係修復の方法を考察

 

夫婦関係の修復が難しいケース

 

どれだけあなたが妻との関係を修復したいと願っても、夫婦関係の修復が難しいケースというのは確かに存在します。

もし、夫婦の間で裁判において離婚が認められてしまう法定離婚事由に当てはまるような行為がお互いにあるとすれば、夫婦関係修復は難しいと言えるでしょう。

 

法定離婚事由とは民法770条で定められている下記の要件です。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

 

特に注意したいのが、「配偶者に不貞な行為があったとき」と「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」という部分。

「配偶者に不貞な行為があったとき」というのはそのままの通りのことで、あなたか妻のどちらかが浮気や不倫をしているのなら、関係修復は難しいということです。

 

次に「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」というのは、DVやモラハラ・家事や育児に協力しない・ギャンブルなどによる借金や浪費・犯罪による服役などの事由のこと。

この中で特筆すべきは、DVやモラハラ。

 

近年の離婚理由として増加しているのがこのDVやモラハラで、たった1度のDVで合ってもその程度や動機などによっては離婚原因とされることもあります。

裁判所の判断も配偶者への暴力に対しては厳しい態度を取る傾向があり、暴力は言語道断ということです。

 

そして、浮気や不倫、DVやモラハラに共通して言えることは、どちらも繰り返してしまうということ。

そういった部分ではどちらも病気と言っていいかもしれません。

 

一度浮気をした人はその時は深く反省したとしても、また同じことを繰り返す可能性が高いですし、DVやモラハラというのはいくら反省して二度としないと誓おうが、根本的な部分での「治療」が必要な場合が多く、これもまた同じことを繰り返す可能性が高いのです。

パートナーに浮気癖や暴力癖が見られるのなら、関係修復というよりも「別れ」を選択した方がお互いにとって良い場合もあると言えるでしょう。

 

参考:壊れた夫婦関係を修復する方法はコレ!「妻との関係を修復する3ステップ」

 

今すぐ夫婦関係を修復したいのなら 

 

あなたがもし、妻との夫婦関係悪化の度合いがもはや危険水域に達していると感じていて、いつ離婚を切り出されてもおかしくはないと怯えて暮らしているのなら、大至急夫婦関係を修復しなくてはいけません。

もう一度言います。大至急、夫婦関係を修復しないと待っているのは「離婚」という二文字です。

 

女性が一旦「別れ」を決めた時というのは、ほぼほぼ付け入る隙はありません。

もし、あなたの妻があなたとの離婚を決断してしまったら、その気持ちを変えることは不可能に近いということ。

 

行動するなら「今」なんです。「今」すぐ行動しなくては、離婚が現実のものとなってしまうのです。

しかし、焦って間違った行動を取ってしまっては、それはかえって逆効果。あなたの妻に「離婚」を決断させる決定打になりかねません。

 

今すぐ、正しいやり方で、正しい行動を取らなくてはいけないのです。

では、正しいやり方、正しい行動とはどういうものなのでしょうか?

 

世の中にはいざ「離婚」となった時の、慰謝料・養育費・親権などに対応するマニュアルは弁護士の方々によって数多く存在していますが、夫婦関係を修復し離婚を回避するための方法を教えてくれるものは皆無です。

それはきっと、一言に夫婦関係修復と言っても、色々な問題を抱えた色々な夫婦が存在し、それぞれによって対処法が違うのでマニュアルとして体系化するのが難しいからと言えるでしょう。

 

ですが、ここでご紹介する方法というのは、プロのカウンセラーが数々の事例から導き出した、離婚を回避して夫婦関係を修復するための方法。

この方法が優れているのは、桑島隆二さんというプロ心理カウンセラーの方が実際に数多くの夫婦の関係を修復し、離婚の回避を指導してきた事例をこと細かく分析して体系化している点です。

 

つまり、「あなたが望む結果をすでに得ている人達の真似をして、あなたも望む結果を手に入れましょうよ」という方法論。

シンプルですが強力な考え方です。仕事でもスポーツでも、なりたい自分に近い人の真似をして、自分の望む結果を得るというのは一般的な考え方ですよね。

 

それは夫婦関係でも同じこと。

離婚の危機が確実に迫ってきているが、夫婦関係修復の糸口すら見つからないと言うなら、プロの方法論を試すべき。

あなたが絶対に離婚したくないと願っているなら、今でと違う方法を試す時です。

 

「離婚」という二文字がすぐそこに迫っているあなたにとって、このマニュアルは強力な救世主になってくれることでしょう。

「妻に許してもらい離婚を回避する方法」はコチラから

 

まとめ

冷めた妻の気持ちを復活させる夫婦関係修復のコツ7選をまとめておきます。

  1. あなたから歩み寄る
  2. 日頃の簡単なあいさつをしっかりと
  3. こまめに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える
  4. 感情的にならず論理的になりすぎず
  5. 相手の悪い所を良い所に変換
  6. 一緒の時間を増やす
  7. 妻の感情を満たす努力をする

 

まずはプライドを捨てて、あなたから歩み寄ること。

一度冷めてしまった妻の気持ちを復活させるには、大変な労力と時間がかかるかもしれませんが、あきらめず、妻を大切に思う気持ちがあれば、必ず夫婦関係は修復されます。

 

そして、あなたが離婚の危機感を感じていて、大至急夫婦関係を修復したいと願っているなら、このマニュアルをチェックしてみてください。

「妻に許してもらい離婚を回避する方法」

 

利根カイヒ
あきらめたらそこで夫婦関係終了です。断固たる決意で妻の気持ちを勝ち取りましょう。あなたならできます。

 

「妻に許してもらい離婚を回避する方法」はコチラ

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です