夫婦関係修復の道のりは険しくない!「夫婦関係をやり直す7つのきっかけ」

夫婦関係修復の道のりは決して険しいものではないです。

しかし、もしあなたが夫婦関係が上手くいかないことを「性格の不一致」が原因だと思っているなら、ちょっと待ってください。

 

離婚の原因でも多い「性格の不一致」ですが、そもそも性格など親子・兄弟でも一致しないのに、元は他人同士の夫婦が一致しなくて当然。

あなたはその不一致の部分を、認め合い、尊重し、補い合えると確信できた人と結婚したはず。

 

あなたと嫁は最初からお互い性格が違うことを認めており、この先共に暮らす中での行き違いや、思いも掛けないトラブルが起きることは十分織り込み済みで、それを互いの信頼で乗り越えなくてはいけないことをわかっていたはずです。

つまり、あなたと嫁の関係が悪化している原因は「性格の不一致」ではなく「お互いの配慮不足」。

 

これが本当に「性格の不一致」が夫婦関係悪化の原因なら、関係修復の道のりは大変険しいものになったことでしょう。

しかし、夫婦関係悪化の原因が「お互いの配慮不足」であるなら簡単、あなたがまず変わることによって、夫婦関係は修復されるのです。

 

利根カイヒ
あなたが変われば、嫁も変わります。夫婦関係をやり直すきっかけを見ていきましょう。

 

夫婦関係をやり直す7つのきっかけ

1.自分が変わる〜あなたが歩み寄る

もしあなたが「自分は絶対間違っていない、自分は常に正しい、間違っているのは嫁」というような考えを持っていたらすぐに捨ててください。

本気で夫婦関係を修復したいのなら、まずあなたが変わり、歩み寄ること。

 

小さなプライドは捨ててしまいましょう。

 

2.会話のきっかけを投げかける〜まずはあいさつから

夫婦関係が悪化している状態では会話もほとんど無いかと思いますが、会話が増えていかないと夫婦関係も良くなっていきません。

ではどうすれば会話が増えるかと言うと、会話のきっかけをあなたから嫁に多く投げかけましょう。

 

具体的には、日常の簡単なあいさつをきちんとすること。

「おはよう」「行ってきます」「ただいま」「おやすみ」等、日常のあいさつは自然な形で会話のきっかけになってくれます。

 

「おはよう」と言われて「おはよう」と返さない人はいないですよね?

そこから自然な形で会話が生まれていくのです。

 

3.感謝を伝える〜当たり前ではない

日頃、嫁がしてくれることに感謝の言葉ひとつかけてないとしたら大問題です。

それはあなたが、嫁がごはんを作ってくれたり、掃除をしたり、洗濯してくれることを「当たり前」と少なからず思っているから。

 

あなたの嫁が毎日してくれることは決して「当たり前」のことではないです、きちんと「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉にして伝えましょう。

 

4.相手のいい所を見つけてみる〜悪い所もいいところ

夫婦関係が悪化してくると相手の悪いところばかりが目に付くはず。

しかし嫁の悪いところばかりを気にしてあなたがイライラしているようだと、いつまでたっても夫婦関係は良くなりません。

 

どうすればいいかと言うと、嫁のいい所を見つける、もっと言うとあなたが嫁の悪い所と捉えている所も「嫁の個性、いい所」と捉える事が出来たなら、夫婦関係は修復に向けて大きく進みます。

例えば、何かにつけて細かく口うるさいのが嫁の悪い所だと思っていたとします、しかし嫁が口うるさくあなたに「靴下脱ぎっぱなしにしないで!」と注意してくれるおかげで家の中がいつも清潔で綺麗なのです。

 

嫁に対するあなたの見方が変われば、夫婦関係も良い方向に変わっていくのです。

 

5.一緒の時間を増やす〜生活リズムを合わす

夫婦関係修復のためには、なるべくふたり一緒の時間を増やすべき。

寝るときは同じタイミングで寝る、起きるときも同じタイミング起きる、食事も一緒に取る、生活のリズムを合わせればそれだけ一緒の時間が増え、コミュニケーションを取る機会が増えるからです。

 

6.スキンシップを取る〜セックスレス解消

セックスレスは夫婦関係修復には大きな問題、下手をすれば離婚の原因にもなり得るので、絶対に避けたいところですが、そのためには日頃のスキンシップがとても重要になってきます。

なぜなら、セックスレスは「夫婦が手をつながなくなる」ことから始まると言われており、日頃から肌と肌との触れ合いが無いとセックスまでのハードルが上がってしまうから。

 

いきなり手をつなげと言われても照れると思いますので、まずはマッサージをしてあげるくらいのことから始めるのが、自然で照れなくできます、ぜひ試してみて下さい。

 

7.結婚前にしていたことをする〜努力を思い出す

今あなたは、嫁のことを知ろう、理解しよう、わかろう、と努力してます?

昔、嫁と結婚を決めるまでの間、よくふたりでデートを重ねたことだと思いますが、その時はお互いが気に入られよう、好かれよう、なんとか自分をわかってもらおう、相手のことを知ろう、とドキドキしながら努力していたはず。

 

もしあなたが、嫁の最近の好きなアーティストや好きなテレビ番組を知らないとしたら、嫁のことを知ろうとする努力が足りません。

そんな場合はドライブやデート、旅行等、結婚前によくふたりでしていたことをやってみれば、昔の努力が思い出せるはず。

 

早速、週末に時間を取って嫁をドライブやデートに誘い出してみることをオススメします。

 

まとめ

夫婦関係をやり直す7つのきっかけをまとめます。

  1. 自分が変わる〜あなたが歩み寄る
  2. 会話のきっかけを投げかける〜まずはあいさつから
  3. 感謝を伝える〜当たり前ではない
  4. 相手のいい所を見つけてみる〜悪い所もいいところ
  5. 一緒の時間を増やす〜生活リズムを合わす
  6. スキンシップを取る〜セックスレス解消
  7. 結婚前にしていたことをする〜努力を思い出す

 

まずはあなたがプライドを捨てて歩み寄ることから、夫婦関係のやり直しは始まります。

嫁が変わるのを待つという受け身の姿勢ではダメ、あなたが変わることにより夫婦関係が変わり、関係が修復されるのです。

 

 

利根カイヒ
まずはあなたが変わること。嫁を大事に思い、家族を大切に思うあなたなら簡単なはず。必ず夫婦関係は修復されますよ。

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です