離婚の危機を乗り越え嫁と関係修復する為の話し合いのポイント3選

離婚の危機に陥るほど夫婦関係が悪化した状態で、関係修復の為の「話し合い」を何度も重ねるのはかえって逆効果だという意見があります。

カウンセラー曰く、そんな関係悪化の状態で話し合いを重ねてしまうと、お互いに感情的になり最終的には喧嘩に発展しまい、ますます夫婦関係が悪化してしまうというもの。

 

しかし、一度結婚を失敗し、二度目の離婚危機はなんとか乗り越えて来た僕はそうは思いません、全く逆の意見です。

お互いにが本音で何度も話し合わないと問題点が見えてこないですし、問題点がわからなければ解決策が見えてこず、問題をほったらかしにしたままでは離婚の危機を乗り越え、夫婦関係を修復することなどできないから。

 

夫婦の問題を時間が解決してくれるようなことは無いので、話し合いを重ねるべきです。

ただし、あなたに知ってもらいたいのは「話し合い」をする上で押さえるべきポイントがいくつかあるという事。

 

ポイントを押さえた上で、話し合いを重ね、嫁との離婚を回避し関係修復を成し遂げましょう。

 

利根カイヒ
何とかなると問題を先送りしても、夫婦関係は改善されません。嫁としっかり話し合うべきです。

 

離婚の危機を回避!嫁と関係修復する為の「話し合いのポイント3選」

1.相手を責めない〜話し合いに勝ち負けは無い

夫婦関係が悪化した原因は何もあなただけに責任があるわけではなく、あなたにも納得いかないこと、反論したいことが出てくると思いますが、気をつけたいのが話し合いは勝負事では無いということです

あなたが本当に嫁との関係を修復したいのなら、「自ら折れる=負け」というようなちっぽけなプライドはすぐに捨てること。

 

あなたの「自分は絶対に間違っていない」という気持ちもわかりますが、話し合いのゴールはあくまで関係修復、相手を打ち負かすことではありません。

ここで嫁を打ち負かしたところで、その場はスッキリするかもしれませんが、得られるのは離婚という最悪な結果。

 

したがって、話し合いでは絶対に相手を責めるようなことはせず、自ら折れ、話をしっかり聞くことが大事なのです。

 

2.謝る〜悪いのはあなた

自らが折れてしっかり話を聞くことができたら、まずは謝りましょう。

女性は感情の生き物と言いますが、話し合いで感情的になっている嫁に理屈で論理的に説得しようとしても無駄です。

 

感情的になっている嫁には理屈は通用せず、かえって逆効果。

話を全て受け入れ心から謝ることが大事、「君にそんな思いをさせて気付いてやれずにごめん。僕の気づかいが足りなかった。本当にごめん。」と相手の目を見てしっかり謝りましょう。

 

そうのようにあなたの話を聞く態度が変わることよって、少なからず嫁の態度も変わり、心の奥底にある本音を吐き出してくるはず。

夫婦関係悪化の原因が、ただあなたにしっかりと話を聞いて欲しかっただけだったとしたら、今まで溜まっていた感情を全て吐き出すことで、嫁の不満は解消され、夫婦関係修復へ向けて一歩進むことができるのです。

 

3.離婚を考える本当の理由を突きめ、改善〜変わるのはあなた

あなたがあなたがプライドを捨て、自ら折れ、謝り、嫁の本音を引き出すことができたなら、離婚を考えた本当の理由が見えてくるはず。

一般的に嫁が離婚を考える理由をあげてみますと、

  • モラルハラスメント
  • 旦那の給料が低い
  • 家事に非協力
  • 自分の趣味ばかりで家庭を顧みない
  • 子育てに非協力
  • 姑が過剰に介入してくる
  • セックスレス
  • 浮気・不倫

 

モラルハラスメントや姑の問題などは自分では自覚が無い場合が多く、嫁と話し合いを重ねて初めてわかるものであり、そのために嫁の本音を引き出すことが大事なのです。

そして、ここにあげた離婚を考える理由ですが、解決策はたった一つあります、何かわかりますか?

 

それは旦那が変わる事。

つまり、あなたが離婚を回避し夫婦関係を修復したいのなら、あなた方夫婦の問題がなんであろうと、あなたが変わればいいだけ。

 

あなたが変わることによって嫁が変わり、夫婦関係が変わるのです。

嫁との話し合いで自らのプライドを捨てることができていれば、あなたは自分を変えることが出来るはず。

 

夫婦関係は修復できます。

 

まとめ

嫁と関係修復する為の「話し合いのポイント3選」をまとめます。

  1. 相手を責めない〜話し合いに勝ち負けは無い
  2. 謝る〜悪いのはあなた
  3. 離婚を考える本当の理由を突きめ、改善〜変わるのはあなた

 

あなたの嫁は昨日・今日に離婚を考え出したわけではありません。

日頃、一緒に暮らしていく中であなたの態度・言動・考え方に反応し、そこに何かしらの不満があり我慢してきたが、我慢の限界が近づき離婚の危機を迎えている。

 

したがってその不満を解消し、離婚を回避するためには長期戦を覚悟しなくてはいけません。

焦らず、辛抱強く、嫁とコミュニケーションが取ることが出来れば必ず夫婦関係は修復されるでしょう。

 

利根カイヒ
あなたが変われば嫁も変わる。離婚危機を乗り越え、夫婦関係を修復したいなら、まずはプライドを捨てることからです。

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です