妻との離婚の危機を迎えたら〜離婚危機回避のためにすべきたったひとつのこととは?

一見仲がよく見える夫婦であっても、実は離婚の危機というのが何度も訪れていたりするものです。

では一体、離婚してまう夫婦とそれを乗り越えられ関係が修復できる夫婦の差は何なのでしょうか?

 

あなたが妻との離婚を絶対に望んでいないのであれば、これだけは覚えていておいてください。

離婚の危機は放っておいて何とかなるものではありません。離婚の危機はやり過ごそうとして何とかなるものではありません。

利根カイヒ
離婚の危機を乗り越えることが出来るかどうかは、あなたの行動次第。

 

離婚の危機はどんな夫婦にも訪れるものであり、そしてそれは必ず乗り越えられるものです。

それでは離婚危機回避のためにすべきことを詳しく見ていきましょう。

 

→どうしても離婚の危機を回避できないと感じたらこちらをクリック

 

妻との離婚の危機を迎えたあなたへ〜離婚危機回避のためにすべきことを解説

 

関係を修復できる夫婦と離婚してしまう夫婦の差とは?

離婚の危機を回避して夫婦関係を修復できる夫婦と、関係を修復できず離婚にまで至ってしまう夫婦の大きな差は、「違い」に直面した時の対処の差です。

生まれや育ち・習慣・価値観・性格・家族関係・友人関係…そもそも夫婦というのは他人同士なので、「違い」があるのが当たり前のこと。

 

ご飯の食べ方や金銭感覚に至るまで、夫婦生活を営んでいくうえで「違い」に直面することは数多くあるはずです。

問題はその「違い」に直面した時にどう反応するかどうか。

 

人は自分と異なる習慣や価値観に遭遇した時、少なからず拒否反応を起こします。

それは仕方のないこと、誰だって自分と違う考え方や行動というのは受け入れ難いものでしょう。

 

しかし大事なことは、そこからどう反応するかは自分で選択することが可能であるということ。

性格の違いを「ありえない」と拒否することも可能ですし、「それも個性だよね」と受け入れることも可能です。

金銭感覚の違いを「何を言って無駄だ」とさじを投げることも可能ですし、「金銭感覚の違いは夫婦生活を送る上で致命的になるから、お互いに擦り合わせよう」と歩み寄ることも可能なのです。

 

夫婦生活を良いものにしよう、妻をリスペクトしよう、妻を理解しようと思えば、「違い」に遭遇した時の反応もおのずと相手を受け入れようとするものになるはず。

つまり、離婚の危機を回避して関係を修復できる夫婦というのは、互いの「違い」をただの「違い」捉えるのではなく、夫婦が共に成長していけるのびしろ、互いが成長するためのステップと捉えることができるのです。

 

あなたはどうでしょう?妻との「違い」を受け入れられますか?

→僕が妻との離婚を回避した方法を知りたい方はこちらをクリック

 

冷静に話し合いを行うためにすべきこと

離婚の危機を回避するにはとにかく冷静に話し合いを行わなくてはいけません。

しかしながら、目の前に離婚の危機が迫ってきている中で冷静になれという方が難しいもの。

 

こっちにだって言い分がある、妻に対する不満だってある、納得いかないこともたくさんある。

「なぜわかってくれないんだろう…」

 

あなたの想いはよくわかります。

しかし、離婚の危機を回避したいのなら、まずは徹底して聞き役にまわりましょう。

 

まずは妻の想いを知ること。

あなたに不満があるように、あなたの妻にも溜め込んだ不満があるのです。

 

妻の言葉を否定してはいけいません。妻の言葉に対し自分の物差しで評価を下すのではありません。

「でも…」「だって…」「しかし…」等の言葉は禁句です。とにかく話を聞き、受け入れること

 

自分のことを理解してもらいたいのなら、まずは相手のことを理解すべき。

「まずは理解に徹し、そして理解される。」これを徹底してください。

 

参考:妻との離婚回避のための手紙の書き方〜離婚回避には言葉よりも文章が刺さる!

 

離婚危機回避の極意は「あなたが変わること」

人間関係全般言えることですが、基本的に人は他人を変えることはできません。

ただし大事なことは、他人に影響を与えることはできるということ。

 

夫婦というのは最も密着した関係の他人と言えます。

したがって、あなたが変わればそれは妻に大きな影響を与え、夫婦関係が変わるということなのです。

 

妻との離婚危機を回避し、夫婦関係を良いものにしたいのなら、まずは変えなくてはいけないのはあなた自身。

あなたも実際に離婚の危機を迎えて「今までの自分」でいてはダメだということは薄々感じていることだと思います。

 

離婚の危機から関係を修復できるか、それとも離婚という結果になってしまうかは、自分を変えることができるかどうか。

つまり、離婚危機回避のためにすべきたったひとつのことというのは、あなたが変わることなのです。

 

参考:「絶対に離婚したくない場合の奥の手7選」〜嫁との離婚を回避するために!

 

まとめ

 

結婚観というものについて男性に多い勘違いが、結婚を自動車の免許と同じような感覚で捉えていることです。

自動車の免許というのは取ってさえしまえば、あとは大きな違反さえしなければ無くならないもの。

結婚もそれと同じで、結婚さえしてしまえばあとは浮気や暴力などの大きな違反をしなければ、結婚生活は無くならないと思ってしまっているのです。

 

しかしそれは大きな間違い。

結婚というのはむしろ漕ぐことをやめてしまってはいつかは倒れてしまう「自転車」のようなものなのであって、幸せな結婚生活を続けるためには、自転車を漕ぐかのごとく、日々のお互いの努力が必要なのです。

 

あなたが離婚の危機を迎えてしまったのは、夫婦としてのお互いの努力が少し足りなかったのかもしれません。

ですが、ピンチはチャンス。

このピンチをお互いが成長するためのチャンス捉え、必ず幸せな結婚生活を取り戻してください!

 

利根カイヒ
あなたが幸せな結婚生活を送れるよう、心から応援しています。頑張って!

→僕が妻との離婚を回避した方法はコチラです

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です