どうしても妻と離婚したくないあなたへ〜離婚調停対策を解説!陳述書の書き方とは?

どうしても妻と離婚したくないあなたがすべきことは単純です。

それはあらゆる可能性にかけてみるということ。

 

離婚調停までもつれてしまうということは、あなたの妻の決心が相当に固いということであり、これを覆すのは並大抵のことではありません。

あなたは正に崖っぷち、今までのあなたの行動の延長では、離婚を回避し夫婦関係を修復するということは成し得ないでしょう。

 

今までの行動を変え、新たなアプローチを試す時です。

→妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

そういった意味では離婚調停というのはいい機会なのかも知れません。

第三者に間に入ってもらうということは関係修復の大きなきっかけになり得ます。

 

ここでは、離婚したくない場合の調停対策というものを掘り下げてみていきますので、あらゆる可能性を探るべく、ぜひ参考にしてください。

 

利根カイヒ
ピンチをチャンスに、離婚調停を夫婦関係修復のきっかけにしましょう。

 

どうしても離婚したくない場合の離婚調停対策を解説

離婚調停とは

離婚調停は正式には夫婦関係調整調停といわれており、次のような場合の解決の手段として家庭裁判所に申し立てをすることができます。

  • 離婚することについてそもそも合意ができない場合
  • 子どものこと(親権、面会交流、養育費)で意見が割れてしまった場合
  • お金のこと(財産分与、慰謝料、年金分割等)について意見が割れてしまった場合
  • 話し合いをしようにも言い合いになってしまい話し合い自体をこれ以上継続することができないような場合

 

その離婚調停がどのように進んでいくかというと、家庭裁判所において裁判官または調停官と共に2名の調停委員(男女1人ずつ)が話し合いに立ち合います。

中立な立場の第三者である調停委員が、申立人(あなたの妻)と相手方(あなた)のそれぞれから話を聞き取り、ときに調停委員からの提案を受けながら話し合いが進められるのです。

 

要するに、離婚調停と言っても何か特別なことをするわけではなく、第三者に間に入ってもらい、アドバイスを受けつつ話し合うということ。

逆に言えば、当事者が顔を合わせて直接話し合うことがないので、より落ち着いて話し合いができると言えるでしょう。

 

離婚を回避するためには

離婚調停と言えど基本的には話し合いの場、お互いの合意がなければ離婚は成立しません。

あなたが離婚を拒否し、互いに譲らなければ調停は不成立になるでしょう。 

 

ただ不成立になった場合、妻側がどうしても離婚したいとなれば、訴訟(裁判)へ持ち込むことが起きてきます。

妻側の気持ちが変わって調停を取り下げ、離婚を考え直すことが一番の目指すところではありますが、それには調停委員を味方につけることが重要。

 

調停委員をあなたの味方につけ、妻に離婚は間違っているのではないかということを言ってもらえるようになれば、妻の気持ちも変わる可能性が高くなるのです。

そのため、言葉でしっかりとあなたの想いを伝え、離婚することは正当ではないということを秩序立てて論理的に調停委員に話さななければなりません。

 

ただ、どんなに話し上手な人でも、自分の言いたいことを100%伝えるというのは難しいもの。

そこでポイントになるのが陳述書です。次のパートではその陳述書の書き方を見ていきましょう。

 

陳述書の書き方

あなた方夫婦と調停委員は知り合いでもなければ、普段から親交があるわけではありません。

ましてや、自分の想いを口頭で全て伝えるということはだだでさえ困難で、そしてその言葉を一言一句聞き逃すことなく、真意も含めて受け取ることもまた困難と言えるでしょう。

 

そのため、一般的に裁判所で行われる離婚調停では双方に対して陳述書の提出を求めることが多く、陳述書というのはとても大きな役割を持つのです。

では離婚したくないあなたがどのような陳述書を書けば良いのかというと、押さえるべきは次の三点。

・離婚をしたくないという気持ち
・その理由
・やり直せるという具体的な根拠

 

ポイントは調停委員に社会的にそうすることが正しいと思わせること。

裁判所が正義と公平を重んじる場所であるのと同時に、調停委員も正義と公平を判断基準にして問題解決を目指します。

 

どうすることが社会的に正義なのか、どうすることが社会的に公平であるのかを判断基準にしているのです。

つまり、あなたの「離婚しない」という決断が、社会的にそうすることが正しいと調停委員に思わせることが必要だということ。

 

「妻を愛しているので絶対に離婚したくない」「子供達のためにも離婚はしたくない。」「シングルマザーの貧困は社会問題。妻と子供をそんな目に合わせるわけにはいかない。」…調停委員に社会的にそうすることが正しいと思わせることができれば、妻の方にも「離婚しないことがあなたのためだ」と勧めてくれるのです。

 

まとめ

離婚調停を乗り切り、離婚を回避できるかどうかはあなた次第。

あらゆる可能性にかけて行動あるのみです。

→妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

今までの自分を変えましょう。あなたが変われば必ず妻も変わり、夫婦関係が変わるのです。

利根カイヒ
あきらめてはいけません。あきらめたらそこで夫婦関係終了です。あなたがあきらめない限り可能性は残されているのです。

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です