離婚調停で離婚したくない場合の対処法〜嫁と絶対離婚したくないあなたへ〜

嫁とは絶対に離婚したくないがどうにも話し合いが上手くいかない。

嫁は離婚調停に持ち込むって言ってるがどうしたらいいんだろう…

 

まず知っておいてもらいたいのが、あなたに法で定められている離婚事由が無ければ、あなたの意思を無視して離婚成立はないということ。

法で定められている離婚事由とは民法770条1項で挙げられている以下のことです。

  1. 不貞行為(770条1項1号)
  2. 悪意の遺棄(同条項2号)
  3. 三年間の生死不明(同条項3号)
  4. 強度の精神病で回復の見込みがないこと(同条項4号)
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があること(同条項5号)

 

つまり、あなたに浮気やDV・モラハラなどの事実が無ければ、離婚が認められるのはあくまでもお互いが同意した場合のみ、それはたとえ離婚調停になっても同じ。

離婚調停と聞くと何やらものものしく感じますが、簡単に言うと裁判所の調停委員が間に入った話し合いのことで、あなたがしっかり「離婚したくない」という意思を示せば離婚になることはありません。

 

したがって、離婚調停と聞いても焦る必要はなく、まずは離婚調停が具体的にどういうものなのかを見ていきましょう。

 

利根カイヒ
あなたは絶対に離婚したくない、あなたの嫁は離婚を望んでいる。ボタンの掛け違いをひとつひとつ正していけば、たとえ調停になったとしても必ず離婚は回避できます。

 

絶対離婚したくないあなたが知っておくべき離婚調停とは

 

離婚調停とは正式には「夫婦関係調整調停」のことで、夫婦間で離婚の話し合い(協議)ができないとき、進まないときに裁判所に間に入ってもらって離婚するかどうかやその条件を話し合う手続きのことを指します。

裁判所で行う手続ですが、本質は話し合い、あなたが離婚について同意しない限り、あなたの嫁がいくら望んだとしても一方的に離婚することはできません。

 

したがって、裁判所から調停の申立てを知らせる手紙が届いたら、期日を確認し、調停に出席して自分の考えや希望を調停委員に伝えること。

ここでしっかりと離婚をしたくないという意思とその理由を伝えることが重要になります。

 

あなたと嫁、双方どこまでも譲らなければ調停は不成立になるでしょう。

相手方に弁護士がついていようと、基本的に話し合いの場ですから、お互いの合意がなければ離婚することはないのです。

 

離婚調停で離婚したくない場合の対処法

 

それでは実際の離婚調停おいて、絶対に離婚したくないあなたが取るべき対処法を見ていきましょう。

嫁の離婚したい理由を確認する

まずはあなた自身の気持ちよりも、離婚調停を申し立てたあなたの嫁がなぜ離婚したいと思っているのか、「離婚したい理由を聞く」ということが大事。

嫁が離婚を決意した理由を確認し、あなたのこれまでの言動で何が問題となっていたのかを改めて認識しましょう。

 

そしてその問題点を解消するためのあなたの今後の行動目標を伝えること。

今後あなた自身がどのように注意するか、どのように自分を変えるのかを伝えることが離婚回避の第一歩です。

 

あなたの嫁はこれまでに積み重なった出来事があって離婚を決意したのですから、あなたが変わると言ってもすぐには信じてもらえないかもしれません。

しかし、もしそうであったとしても、あきらめず根気強く伝えていくことが必要なのです。

 

陳述書をしっかり作成

あなたがどれだけ話し上手だとしても、口頭による陳述では思ったことを100%伝えるということは難しいと思いますが、時間をかけて言葉を文章につづっていけば、うまく言い分をまとめることができるはず

離婚調停の中で「陳述書」は絶対に必要なものではありませんが、口頭よりも書面にまとめることで、より明確に自らの主張を理解してもらえるという点から、事前に家庭裁判所に提出することをおすすめします。

 

実際に日本の裁判手続きでは多くの場合で、裁判官や調停委員が双方からの論点を容易に整理できるという点から陳述書の提出を求められており、限られた時間の中で行う離婚調停において事前に陳述書を提出しておくことは時間の短縮につながるのです。

では、陳述書にはどのようなことを書けばよいのでしょう?ただ単純に「絶対に離婚をしたくない!」と主張するだけではもちろんダメ。

 

どうしても離婚をしたくない場合、陳述書の作成で重要となるのは、

・離婚をしたくないという想い
・その理由
・やり直せるという具体的な根拠

といったもの。

 

話し合いを成立させるためには、理由と根拠をしっかり示すことが必要ですが、自分の主観ばかりが入った陳述書というのはあまりいい印象を持ってもらえず逆効果。

相手のこと、子どもがいれば子どものこと、将来的なことも含め、自分はこんな風に考えているのだということをうまく文章にしていきましょう。

 

調停委員を納得させる

調停委員にとっては、いくつものハードルをクリアしなければならない「修復」よりも「離婚」を目指す方が簡単。

したがってあなたには離婚か修復かの選択肢がある中で、調停委員に修復を目指すことがベストであると、共感し納得してもらう必要があるのです。

 

調停委員に納得してもらうため次の事柄を積極的に話し、陳述書に盛り込んでいきましょう。

  • 離婚しない方が良いと思ってもらう理由
  • 難しくても夫婦関係修復をめざす方が良いと思ってもらう理由
  • 夫婦関係修復が可能な理由
  • 離婚になったらあまりに不憫であるといえる事情

 

あなたが「必ずやり直せる」と思うのであれば、その理由を分かりやすく伝え、調停委員を納得させなければいけないのです。

 

まとめ

離婚調停といっても結局は話し合い、あなたに法で定める離婚事由がなければ一方的に離婚ということにはならないので、慌てる必要はないんです。

離婚調停において離婚したくないあなたがすべき対処法をまとめると

  • 嫁の離婚したい理由を確認する
  • 陳述書をしっかり作成
  • 調停委員を納得させる

 

あなたの想いをしっかりと伝え、改善策を具体的の提示して調停委員を納得させることができれば、離婚調停は乗り越えられるのです。

 

利根カイヒ
嫁と二人で話し合っても上手くいかなかったものが、第三者が加わることで劇的に変わることがあるんです。ピンチをチャンスに変えましょう。必ず離婚は回避できます!

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です