妻と離婚したくないあなたが話し合いで離婚したい妻を説得するための5つのメソッド

現在は結婚した3組に1組が離婚する時代。確かに離婚するのは簡単、役所に離婚届を出しさえすればそれで終わりです。

しかし、あなた方夫婦の絆はそんな簡単に終わってしまうようなものでないはず。

 

そうであるから、あなたも必死に離婚を回避しようとしているはずです。

しかし、今あなたが取り組もうとしていることは、大変難しいものだと言わざるを得ません。

 

離婚したいという妻の気持ちを、再びあなたとやり直すという風に持っていくということは、180度の方向転換、今まで通りのあなたの行動では妻の気持ちを変えることはできないでしょう。

何かを変える必要があります。今までとやり方を変える必要があるのです。

 

ここではそんなあなたのヒントとなるべく「離婚したい妻を説得するための5つのメソッド」をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

利根カイヒ
妻を変えるにはまずはあなたから。あなたが今までとは違う行動を取ることで、妻の気持ちを変えるきっかけが生まれるのです。

 

「離婚したい妻を説得するための5つのメソッド」

 

1.妻の離婚したい理由をつきとめる

妻を説得するための第一歩は妻が離婚したい原因をつきとめることです。

こればっかりはあなたがどれだけ頭を悩ませて考えてもわかるものではなく、とにかく話を聞くということが大事。

 

ここでもしあなたが「自分は悪くない、悪いのは妻」なんて考えを少しでも持っているのなら、離婚したい本当の原因は一生わからないでしょう。

しかし、あなたが妻との話し合いで目指すゴールは離婚を回避して夫婦関係を修復することであって、そのためには相手の離婚したい理由をつきとめ、そこを改善するということが必須なのです。

 

あなたにも言いたいことや、納得いかないこと、反論したいことがあるかもしれませんが、まずはとにかく妻の声に耳を傾けるということに徹してください。

 

2.昔に戻ろうとしない

「昔みたいな関係に戻ろう」と妻を説得してもダメです。

これは「男性は名前をつけてファイルに保存、女性は上書き保存」という昔の恋人に対する姿勢に共通するものがあるのですが、男性は過去の恋人と昔のような関係にすぐ戻れると思いがちですが、女性はそうではありません。

 

夫婦関係が悪化し離婚を言い出してきているということは、あなたの妻はあなたとの結婚生活を別の何かに上書きしようとしているのです。

つまり、あなたが思う楽しかった昔の二人の関係というのは、あなたの妻にとってもはや過去のこと。

 

それよりも今二人の間にある問題点の具体的な解決策を提示することの方が効果があるのです。

 

3.感情を満たす

妻を説得するにあたってやってはいけないのが、男性特有の理屈・理詰めでの論理的な説得です。

女性は感情の生き物と言いますが、あなたがすべきは妻の感情を満たしてあげること。

 

離婚したい理由というのは人それぞれ違うかと思いますが、離婚を考える女性に共通して言えるのは感情が満たされておらず、寂しく孤独で、自分が必要とされていないと感じていたということです。

ですからあなたがすべきことは、自分のいたらなかった所を心から謝ること、日頃の感謝を伝えること、愛していると妻への気持ちを真っ直ぐ伝えること、といった具合に妻の感情に訴えかけること。

 

理屈や論理で妻の心は動かないものなのです。

 

4.離婚後に生じる問題の話をする

離婚後に生じる問題を話し合うことは、妻の離婚したい気持ちが変わるきっかけになります。

子供のこと、お金のこと、老後のこと、などはぼんやりとは考えていても、離婚することに集中していては具体的な所まで頭がいっていないもの。

 

説得というよりも、そこの部分を具体的に確認してあげることによって、将来に対する不安から離婚を考え直すようになるのです。

 

5.理想の未来の話をする

お互いの理想の夫婦像・家族像を話し合うことは、お互いを深く理解することに繋がり、離婚を考え直すきっかけになります。

結婚した当初というのは、お互いの理想というものが共有できていたはずですが、時と共に互いの理想がすれ違い、別々の方向に歩いて行こうとしているから夫婦関係が悪化しているとも言えるのです。

 

お互いの理想を話し合うことによって「妻は本当はそういう風に思っていたんだ…」「マジか、子供がもう1人欲しかったんだ…」「家事を分担することが理想だったんだ…」など、新たな発見が必ずあるはず。

お互いの理想の未来を共有し、擦り合わせていくことができれば、また再びお互いが同じ方向を向いて歩んでいけるのです。

 

参考:「絶対に離婚したくない場合の奥の手7選」〜嫁との離婚を回避するために!

 

まとめ

「離婚したい妻を説得するための5つのメソッド」をまとめます。

  1. 妻の離婚したい理由をつきとめる
  2. 昔に戻ろうとしない
  3. 感情を満たす
  4. 離婚後に生じる問題の話をする
  5. 理想の未来の話をする

 

妻の気持ちを変えるのには時間がかかるかも知れません。

しかし、決してあきらめてはダメ。

 

あきらめてはそこで夫婦関係が終了してしまうのです。

利根カイヒ
決してあきらめることなく、辛抱強く、粘り強く話し合いを重ねましょう。あきらめさえしなければ、光は差すものです。

今すぐ離婚回避

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です