妻が離婚を考えるときとは?「本気で離婚を決意した妻の行動5選」

最近、妻がとの会話がめっきり減った気がする。

たまに口を開けば俺の給料のことの不満、俺の唯一の趣味である車いじりに対する不満、たまにご飯を作ってあげたらものすごく喜んでくれたが今は何というかリアクションが極めて薄い、ケンカも増えた。

 

最近の妻の言動・態度に何かしらの違和感を感じているあなた。

あなたの妻は離婚を考えているのかもしれません。

 

男女の恋愛観の違いの例えで、過去の恋愛を男性は「フォルダに保存」、女性は「上書き保存」というのがあります。

ざっくり言うと、過去の恋愛をフォルダに名前を付けて保存するがの如くしっかり覚えていて、女々しいのが男性、新しい恋愛をすることによって過去の恋愛を塗りつぶすかのようにきっぱり上書きしてしまうのが女性ということ。

 

結婚生活でも同じ、あなたの妻はあなたとの結婚生活を他の何かに上書き保存しようとしているのかも。

ここでは妻が離婚を考えるときの心理と離婚を決意したときの行動パターンを見ていきますので、少しでも妻の言動・態度に違和感を感じているのであれば、じっくり読み進めていってください。

 

利根カイヒ
過去の恋愛でお分かりかと思いますが、女性は気持ちが冷めてしまうと、超淡白になります。こっちが引くくらいに冷たくなってしまいますよね…

 

妻が離婚を考えるときの心理を分析

離婚したい妻の心理状態とは一体どういったものなのでしょう?

それは、「今のこの不満だらけの生活よりも、より生きがいのある生活があるのではないか」ということ。

 

妻が離婚したいと考え始める不満の原因は、その夫婦によりさまざまなものが挙げられます。

  • 生理的に受けつけなくなった 
  • 夫が暴言や暴力を振るう
  • 嫁や妻ではなく「家政婦」として扱われる
  • セックスレス、夫が女として見てくれなくなった
  • 夫が不倫をしている
  • 休みの日も一人で出かけるなど家庭を顧みない、子供の面倒をみない
  • 夫の収入が低いもしくは下がった

 

様々な原因があるかと思いますが、離婚したいと考えている妻がどのような思い・願いを持っているのか、根本的な部分は共通しています。

夫と一緒にいることで毎日の生活がつまらなくなり、幸せを感じられなり、「今のこの不満だらけの生活よりも、より生きがいのある生活があるのではないか」と思い、一人になって毎日幸せに暮らしたいと考えたり、仕事に復帰しキャリアを積み重ねようと考えたり、別の伴侶を見つけてその人に尽くしてあげたいと考え始める。

 

つまり、あなたとの離婚を願うようになってしまうのです。

 

離婚を回避するために知っておきたい「本気で離婚を決意した妻の行動5選」

それでは本気で離婚を決意した妻はどういう行動を取るのでしょう?個人差はあるかと思いますが、代表的なものを取り上げてみました。

1.コミュニケーションを取らなくなる 

女性は、愛情がなくなり、嫌悪感を抱いている男性とコミュニケーションをとろうとは思いません

場合によっては、嫌いになった男性を『汚い』と感じてしまうことも。

 

最初の兆候は夫をほめようとしなくなること、ご飯を作ってあげようが洗濯物を畳んであげようが全くほめようとしなくなります。

これは、人は自分が嫌いだと思う人間をなかなかほめることはできないから。

 

そのうち妻側から話しかけてくる頻度は極端に減るでしょうし、こちらから話しかけてもすぐに会話を終わらせようとしてくるでしょう。

必要最低限の会話を交わすときでさえ、目を合わせてくれないケースもよくあります。

 

2.不満が多くなる

妻が言ってくる不平・不満の中でも、

  • 夫の収入の不満・否定
  • 夫の趣味の不満・否定
  • 夫の両親の不満・否定

を言って来ていたら、要注意。

 

収入といえば男の価値といってもいい部分、趣味は個性、両親は家族・バックボーン、そこを否定してくるということは、夫を人として全て否定しているようなもの。

妻が離婚を固く決意している可能性があります

 

3.家事をしなくなる 

夫への愛情がなくなり、離婚を考えるようになってしまうと、とたんに家のことなんてどうでもよくなるもの。

食事が手抜き、掃除しないなど妻が家事をきちんとしなくなったら離婚への黄色信号。

 

頻繁に実家に帰るようになったら離婚への赤信号点滅です。

 

4.セックスレス

女性は嫌悪感を抱いている人に対して『不潔だ』と感じてしまいます

離婚を考えるようになるとその傾向は顕著で、夫の事をもはや一人の男として見ていないはず。

 

セックスレスはもちろん、簡単なスキンシップさえ拒むようになったりしてしまった場合には、もはや生理的に夫のことを受け付けない状態になっており、離婚へ向けて危険な状態と言えます。

 

5.メイク・ファッションが変わる 

妻のメイクやファッションが急に変わった時は、離婚を決断し新しい生活へ向けてパワーがみなぎっている状態か、他に男がいると思っていいでしょう。

なぜなら女性は内面の変化が顕著に外に表れやすいから。

 

メイクやファッションが変わって外出する機会が増えているようなら、妻の気持ちはすでに次の新しい生活に向かっているということです。

つまり、「今のこの不満だらけの生活よりも、より生きがいのある生活があるのではないか」と行動しているということ。

 

また、妻に他に男がいる場合には、逆に夫の浮気をしつこく疑ってくることがあります。

これは自分がやましいことをしている反動、「自分もそうだから、あなたもそうなんでしょ」という心理からくるもの。

 

ですから妻のファッションやメイクが変わり、疑い深くなったら、それはもうすでに離婚を決断しているのかもしれません。

 

まとめ

本気で離婚を決意した妻の行動をまとめまると、

  1. コミュニケーションを取らなくなる 
  2. 不満が多くなる
  3. 家事をしなくなる 
  4. セックスレス
  5. メイク・ファッションが変わる 

 

妻の離婚したい心理「今のこの不満だらけの生活よりも、より生きがいのある生活があるのではないか」という気持ちを理解し、「今のこの不満だらけの生活」という部分を「夫婦でお互いに幸せな生活」に変えることができれば離婚は回避できます。

 

 

利根カイヒ
妻の異変にいち早く気づくのが大事。そのためには日頃のコミュニケーションがはもちろんのこと、いつもと違う非日常の体験も必要ですよ。つまり、たまには妻をデートに誘ってみたりするのも大事ということ。

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です