【妻とやり直したい!】どうしても離婚したくないあなたへ5つの提案

妻と絶対に離婚したくない、やり直したい。

どうしても離婚したくないんだが、いったいどうすればいいんだ…

妻と幸せな関係に戻りたい。

この記事を読んでいただいているということは、あなたはこのように思っているのかもしれません。この悩みは過去の僕の悩みでもありました。

 

利根カイヒ
実際問題として僕はこの苦しみを2度味わっています。最初の妻とは離婚という結果に。今の妻とは、大きめな離婚の危機があったものの、なんのとか乗り越え、今も結婚生活を送れています。

 

女性は一度決断すると、なかなか折れることをしません。もしあなたの奥さんが「離婚する」と決断してしまっていたら、それを覆すのは相当な困難を伴います。

  • 「なんとかなる」
  • 「結局は自分のもとに返ってくる」
  • 「離婚なんて本気で言っているわけではない」

なんて考えていたら、あっという間に取り返しのつかないことになってしまうでしょう。

だから行動してください。それも今すぐにです。

 

ここでは、離婚を回避して夫婦関係を修復するための提案をさせていただきます。5分で読める内容にまとめましたので、サクッと読んですぐに行動を起こしましょう。

 

※どうしても離婚を回避できない場合はこちらをクリック

女性カウンセラーが徹底的な女性視点で書いた「男性のための離婚回避マニュアル」

 

妻とやり直したいあなたに贈る5つの提案

1.相手の理解につとめましょう

そもそも、なぜあなたと奥さんの関係は離婚問題になるほど悪化したのでしょうか?

なぜ奥さんは離婚を考えているのでしょうか?

まずはここの部分をはっきりさせなければ次に進めません。

 

ここであなたがやるべきことは徹底して相手の立場に立つことです。

自分の想いを伝えるのに必死になるよりも、相手の話に耳を傾けましょう。理解に徹するのです。

 

決して相手を否定してはいけません。自分の意見を挟んでもいけません。ひたすら奥さんの話を聞いてください。

奥さんが何を考え、何に不満を覚え、どういう意図を持って離婚したいと思っているのか。

そういったことを奥さんの口から引き出してください。

 

相手を理解しないことには、関係修復の糸口はつかめないのです。

 

参考:「絶対に離婚したくない場合の奥の手7選」〜嫁との離婚を回避するために!

 

2.冷却期間をおきましょう

一度悪化した夫婦関係では、膝と膝とを突き合わせて話し合いをしようにも、進展がないどころかかえって関係を悪くすることになりかねません。

話し合いが上手くいかない時は、割り切って冷却期間をおいてみましょう。あえて何もせず、顔を無理に合わすようなこともせず、自然に身を任せてみるのです。

 

人間関係には時間が解決してくれる問題もあります。勇気を持って、あえて何もしない期間をつくりましょう。

 

ただし別居はダメです。

夫婦で別々に暮らすという距離の壁は、そのまま心の壁になり、離婚したい方にとってはその意思を固める形になってしまいます。

別居は離婚したい方にとっては格好の離婚準備期間になるということです。

 

参考:妻が離婚を考えるときとは?「本気で離婚を決意した妻の行動5選」

 

3.変わることを誓いましょう

離婚を回避して、奥さんとやり直すためには、何かを変えなくてはいけません。

だってそうですよね?

奥さんはあなたとの結婚生活に不満があるから離婚を考えているわけです。

 

その不満の元となるものを変えなくては、やり直すことが叶わないのは当然のこと。

だから、ほんの些細なことであっても奥さんの不満の元になっている行動・習慣・態度を変えましょう。

まずは、これから自分は変わるということを奥さんにしっかり誓ってください。

 

参考:夫婦喧嘩の度にすぐ離婚と言う妻の心理を徹底解剖~離婚したくないなら必見!

 

4.手紙を書きましょう

手紙は自分の想いを伝えるのには最高のツールです。

特に夫婦関係が悪化して、コミュニケーションを取るのが難しい状況であればこれほど効果的なものはありません。

普段は感情的になって伝えることができないことも、手紙であれば冷静に自分の気持と向き合い、文字に落とすことができます。

 

また、手紙というのは形に残るものです。

1度目に読んだ時には感情が動かされなかった場合でも、2度・3度と読んでいくうちに、心が動かされることがあるのです。

 

ぜひ、自分の想いを込めた手紙を書いてみましょう。

なお、奥さんのへの手紙の書き方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

5.女性目線で行動しましょう

多くの場合、夫婦関係が悪化するのはボタンの掛け違いのようなものです。ほんの些細なすれ違いだけなんです。

でも1度できてしまった溝というのがなかなか埋めることができない。

なぜか?

 

その大きな原因としてあげられるのが、男性と女性の視点の違いです。

たぶんあなたはこれまで努力してきたことでしょう。結婚生活を終わらせまいとあの手この手で奥さんの気持ちを変えようとしてきたはずです。

でも状況が変わらない。

 

もしかしたらあなたには女性の視点、つまり奥さん側からの視点が足りないのかもしれません。

ここに、徹底した女性目線で男性のために書かれた離婚回避のマニュアルがあります。

女性カウンセラーが徹底的な女性視点で書いた「男性のための離婚回避マニュアル」

 

書いたのは、離婚経験のある女性カウンセラー。

徹底した女性目線で書かれているため、今まで気づかなかった離婚を回避するためのヒントを得ることができます。

 

必要なのは、ほんのちょっとのすれ違いを修正するだけなんです。

ボタンの掛け違いを正すだけなんです。

 

奥さんのとの関係がどうにも変わらないのであれば、ぜひこのマニュアルをチェックしてみてください。

絶対にあなたの役に立つはずです。

女性カウンセラーが徹底的な女性視点で書いた「男性のための離婚回避マニュアル」

 

まとめ

どうしても離婚したくないあなたへの提案をまとめます。

  1. 相手の理解につとめましょう
  2. 冷却期間をおきましょう
  3. 変わることを誓いましょう
  4. 手紙を書きましょう
  5. 女性目線で行動しましょう

 

あとは行動あるのみです。

あなたが離婚を回避して幸せな結婚生活を取り戻すことを心より願ってます。

頑張って!

利根カイヒ
離婚は本当に辛いものです。絶対に離婚を回避して奥さんとやり直してくださいね。応援しています。

 

 

絶対に離婚したくないあなたへ

女性カウンセラーが徹底的な女性視点で書いた「男性のための離婚回避マニュアル」

もしも離婚調停になってしまったら

プロが徹底解説「離婚調停成功マニュアル」

 

当サイト厳選10記事はこちら。あなたが絶対に離婚したくないならぜひ読んでみてください!

 

〈応援よろしくお願いします‼︎〉


ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です